婚活サイト/マッチングアプリ・婚活パーティー/イベント・街コン・合コン・結婚相談所などの出会いまとめ

婚活恋活部

Pairs(ペアーズ)の同時進行は本命キープ何人までOK?二股並行も解説

更新日:

Pairs(ペアーズ)の同人進行は本命やキープを何人まで持てて、二股並行はいつまで大丈夫なのか気になりますよね。

また、同時進行されてる場合の見分け方や断り方も知っておきたいですよね。

そこで、Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリの同時進行と本命キープなどについて解説します。

Pairs(ペアーズ)で同時進行/二股並行はいつまでいいの?

Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリでの婚活や恋活では、同時進行や二股などの複数人と並行したやりとりやデートは付き合う相手が決まるまでOKです。

これは結婚相談所や婚活パーティーなどの婚活でも認められていることで罪悪感を持つ必要はないです。

実際、ほとんどの人が同時進行で複数人とサイト内やLINEでやりとりしたり、デートで会う約束をしていて、効率的に相手探しをすることができます。

もちろん、同時進行ができない、苦手、大変という人は無理に同時進行する必要はありません。

また、同時進行しているかどうかを聞くのはマナー違反で、質問してしまうと相手を追い込むことになり、ブロックされる原因になりやすいです。

なお、付き合うことになったら本命の相手と一緒に退会してしまわないと本当の二股(浮気)のきっかけになってしまうので注意が必要です。

→ Pairs(ペアーズ)のやりとり頻度/期間/人数は?やりとり中の表示も解説

Pairs(ペアーズ)の同時進行は本命キープ何人まで?

Pairs(ペアーズ)などでの婚活や恋活では、同時進行は何人までというルールはなく、自分のキャパの範囲で何人まででもOKです。

ちなみに、Pairs(ペアーズ)では男性女性ともに最初は1~2人と同時進行を始めて、3~5人までマッチングやメッセージのやりとり人数を並行しながら増やしてゆき、会うのはそのうちの1~2人という形を繰り返している人が多いです。

実際、やりとりでは仲良くなれても、会ってみたらお互い思っていたのと違ったというのはよくあるので、本命だけにこだわらずキープを何人か作っておくことでリスク分散ができます。

また、本命1人だけだと、気持ちに余裕がなくなり、落ち着いてやりとりができなくなってしまうので、精神的な余裕を持つためにも同時進行はしておいた方がいいです。

なお、Pairs(ペアーズ)では付き合う相手が決まるまでに平均で3~4カ月という人が最も多く、それまでの間、複数人(6~7人)と会うのが普通です。

→ Pairs(ペアーズ)で付き合う確率と付き合うまでの期間/人数を解説

Pairs(ペアーズ)で同時進行/二股並行されてるかの見分け方

Pairs(ペアーズ)での婚活や恋活で同時進行や二股並行されているかどうかの見分け方ですが、男性女性ともに、

  • デートの誘いを断られる
  • デートの誘いがない
  • 2回目以降のデートの約束ができない
  • デートの約束が1カ月後

というのが本命以外のキープされている人の特徴で、デートの予定が合わないことが多いです。

逆に言えば本命かどうかは、メッセージでデートの話になるかどうかで見分けられます。

Pairs(ペアーズ)ではマッチング後、2週間以内にデートする人が最も多いんですが、2週間以上たってもデートできない場合はキープにされている可能性が高いです。

特にハイスペック男性や美人や可愛い子などいいね数の多い会員の場合、モテるのでキープされやすいです。

また、Pairs(ペアーズ)では本命の人が見つかるとそれまで同時進行していた相手をブロックしてしまい、退会済みとなってしまう人も多いです。

ただ、Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリは初めてやる人や会うまでに時間のかかる人もいるので相手によって見極めが必要です。

なお、相手に同時進行がバレるのを防ぐためには、会う約束を同じ日に違う場所で昼と夕方に分けるなど2人以上としてしまうといいです。

この時間制限を決めて会う方法は特に女性には有効で、ヤリモクはワンナイトできない女性とは会いたがらない(他の日に変えようとしてくる)ので、ヤリモクかどうかを事前に見極めることあできます。

Pairs(ペアーズ)での同時進行/二股並行の断り方

Pairs(ペアーズ)で同時進行や二股並行している相手への断り方ですが、会う約束をしていないのであればブロックやフェードアウトしても問題ありません。

Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリでは、ブロック=お断りが暗黙の了解となっているので、LINE交換後でもブロックすれば相手は断られたことを察してくれます。

ただ、会う約束をした後や会った後であれば、

「今までありがとうございました。よく考えてみましたが、(結婚観や恋愛観などの)考え方がやっぱり合わないのでごめんなさい。」

と、お断りのメッセージを送ってからブロックするのが常識です。

相手を否定するのではなく、考え方の違いを理由にすることで相手も傷つかず、あきらめやすくなります。

なお、日時や場所を決めて会う約束をした後、お断りのメッセージを送らずにブロックしてしまうとドタキャンとなって通報されるので注意が必要です。

→ Pairs(ペアーズ)の断り方【同時進行/ライン/誘い/会う約束/写真etc…】

Pairs(ペアーズ)の同時進行/二股並行まとめ

Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリでは付き合うまでは同人進行や二股並行はしておいた方が効率的に出会えます。

ただ、デートの約束が重なりやすくなるので、自分のキャパの範囲で無理なく進めていくといいです。

→ Pairs(ペアーズ)初めて会うのに夜危険!初対面で実際に会う時の注意点!

婚活恋活出会いの場の選び方と出会うコツ【2019年最新版】

年齢別!婚活恋活出会いの場の選び方【2020年最新版】

婚活恋活の出会いの場はたくさんありますが、同年代が多いほど出会えます。

そこで、年齢別におすすめの出会いの場をまとめておきます。

大学生や10代の多い出会いの場

→ 大学生や10代におすすめのマッチングアプリ/婚活サイト

→ 大学生や10代の多い恋活婚活パーティー

→ 大学生や10代の多い街コン/合コン

20代の多い出会いの場

→ 20代前半後半別おすすめの婚活サイト/マッチングアプリ

→ 20代の多い婚活パーティー/バスツアー

→ 20代の多い街コン/合コン

→ 20代の多い結婚相談所

30代の多い出会いの場

→ 30代やアラサーにおすすめの婚活サイト/マッチングアプリ

→ 30代の多い婚活パーティー/バスツアー

→ 30代の多い街コン/合コン

→ 30代の多い結婚相談所

40代の多い出会いの場

→ 40代やアラフォーにおすすめのマッチングアプリ/婚活サイト

→ 40代の多い婚活パーティー/バスツアー

→ 40代の多い街コン/合コン

→ 40代の多い結婚相談所

50代の多い出会いの場

→ 50代やアラフィフにおすすめのマッチングアプリ/婚活サイト

→ 50代の多い婚活パーティー/バスツアー

→ 50代の多い街コン/合コン

→ 50代の多い結婚相談所

60代の多い出会いの場

→ 60代シニア熟年向けおすすめマッチングアプリ/婚活サイト

→ 60代の多い婚活パーティー/街コン/合コン

→ 60代の多い結婚相談所

-ペアーズ(Pairs)

Copyright© 婚活恋活部 , 2020 AllRights Reserved.