Pairs(ペアーズ)の断り方【同時進行/ライン/誘い/会う約束/写真etc…】

Pairs(ペアーズ)では、同時進行やLINE(ライン)交換、電話、写真、会いたくない時の誘いやドライブ、会う約束、会った後など、ブロックするほどではなくても断りたくなる場面がたくさんありますよね。

そこで、相手を傷つけない丁寧な断り方と例文について解説します。

Pairs(ペアーズ)の断り方と例文

Pairs(ペアーズ)で断る時、関係を断ちたい場合は、ブロックでOKです。

Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリでは、

ブロック=ごめんなさい

というのが断る方法として暗黙の了解となっているので、断るためのメッセージを返信しなくても大抵の相手は断られたこと察してくれます。

なお、返信しないだけのフェードアウトだと、フェードアウトされた方は「完全に脈なしではないが今はやりとりしたくない」という意味で解釈してしまう場合が多く、誤解を招きやすいです。

逆に、わざわざメッセージを返信して断ったら、相手が逆上して怒り出すこともあるので注意が必要です。

特にヤリモクや不快なメッセージを送ってくるような相手はどんどんブロックしていって何も問題ありません。

ブロックすると相手には退会済みと表示され、プロフィールをお互い見れなくなり、それまでの足跡やメッセージのやりとりも全て削除されます。

同時進行の断り方

Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリでは、複数の相手と同時進行する人がほとんどです。

婚活や恋活では付き合うまでの同時進行は認められているので、相手に遠慮する必要はないです。

また、本命の相手と付き合うことになって断る場合も、ブロックやフェードアウトしてしまう人が多く、わざわざお断りのメッセージを送らなくても問題ないです。

ただ、LINE(ライン)や電話番号などある程度個人情報を教えてしまっている相手には、一言お断りのメッセージを送ってからブロックした方が、相手も振られたことが分かるので、その後しつこくメッセージを送られずに済みます。

そんな時の断り方ですが、

「今までメッセージありがとうございました。よく考えてみましたが、(結婚観や恋愛観などの)考え方がやっぱり合わないのでごめんなさい。」

と、伝えてからブロックするといいです。

相手を否定するのではなく、考え方の違いを理由にすることで相手は傷つかず、諦めやすくなります。

→ Pairs(ペアーズ)の同時進行は本命キープ何人までOK?二股並行も解説

LINE(ライン)交換の断り方

Pairs(ペアーズ)では、サイト内のメッセージのやりとりで会うことはできるのに、男性はLINE(ライン)交換したがります。

男性がLINE(ライン)交換したがるのは、

  • フェードアウトやブロックしにくくするため
  • 他のライバルを増やさないようにするため

という理由が多く、ヤリモクの場合、

  • すぐにLINE(ライン)交換に応じるかで女性をふるいにかけるため
  • 電話で口説き落とすため

というのが理由で、ヤリモクの場合は即ブロックでOKです。

ただ、まともな男性のようなので、LINE(ライン)交換はしたくないが、もう少しやりとりを続けてみたい場合は、

「LINE(ライン)交換は会ってからにしましょう。」

とストレートに伝えれば、誠実な男性なら納得してくれるので、相手を不快にさせず断ることができます。

→  Pairs(ペアーズ)でライン交換は危ない?タイミングとやりとりも解説

電話の断り方

男性の方から会う前に電話をしたがる場合、電話で口説くことが目的なのでヤリモクの可能性が高いです。

会話上手でないと電話したがることはなく、会話上手ならいくらでもたくさんの女性を口説けるのでヤリモクをやめないからです。

電話したいのを口実にLINE(ライン)交換してくるヤリモクもいるので即ブロックでもいいんですが、電話なしでやりとりを続けたい場合は、

「もう少しお互いのことを知ってからにしましょう。」

と伝えるといいです。

また、電話が苦手な場合は、

「(電話は苦手なので)会うまでは、メッセージのやりとりの方がいいです。」

と伝えれば電話だけ断れます。

ただ、電話は女性側にもメリットはあって、メッセージのやりとりと会話にギャップがないか確認できるので、女性の方から会う前に電話したいと伝えるのならありです。

写真交換の断り方

写真の断り方ですが、すでにプロフィールに顔のはっきり分かる写真を公開している場合は、断って問題ないです。

ただ、写真なしの場合や、顔のはっきり分からない写真を載せている場合、写真交換しないとやりとりが途絶える恐れがあります。

そんな場合は、

「もう少しメッセージのやりとりをしてから交換しましょう。」

と伝えれば、相手は写真交換の話を切り出すタイミングが早すぎたと納得し待つことができます。

なお、どうしても写真交換したくない場合は、写真なしの相手とマッチングすれば、相手も写真交換したくない場合が多いので、写真なしでも会うことができます。

ちなみに、今は写真加工アプリの性能が良いので、誰でも雰囲気イケメンや美人の写真に自撮りできます。

顔バレが怖いのなら、修正してしまえばバレることはなくなるので、基本的には写真交換は断らない方がいいです。

→ Pairs(ペアーズ)で顔写真送ってと要求!交換すべきか?悪用も解説

会いたくない時の誘いの断り方

Pairs(ペアーズ)でマッチング後、すぐにデートに誘ってくる場合、ヤリモク確定なので、即ブロックでOKです。

ただ、もう少しやりとりしてから判断したい場合、

「今は仕事が忙しいのでごめんなさい。もう少しやりとりしましょう。」

と返信すれば、男性は誘うタイミングが早すぎたと察してくれます。

なお、Pairs(ペアーズ)ではマッチング後、平均で2週間以内に会う人が最も多く、やりとりを長引かせ過ぎてもお互い話題もつきて冷めてしまうので注意が必要です。

→ Pairs(ペアーズ)のデート/食事の誘い方!誘うタイミングや期間も解説

ドライブの断り方

Pairs(ペアーズ)で会う時は、女性が希望しない限り、安全のためにも昼間、公の場で会うのが常識です。

初デートでいきなり車のドライブに誘うのは、簡単に口説けるかどうかを試しているヤリモクなので、即ブロックした方がいいですね。

なお、断る場合、

「まだ会ったこともないので、ドライブはごめんなさい。」

とキッパリ断ってOkです。

ヤリモクでなくても女性の気持ちを考えない非常識な相手なので、やりとりするのはやめた方がいいですね。

→ Pairs(ペアーズ)初めて会うのに夜危険!初対面で実際に会う時の注意点!

会う約束の断り方

会う約束をしてしまった後の断り方ですが、何も伝えずにブロックしてしまうとドタキャンとなり、相手に迷惑がかかります。

Pairs(ペアーズ)に通報されかねないので、断る場合は必ず一言メッセージを送ってからブロックしないといけません。

断り方の例文ですが、

  • 「仕事で急な予定が入ってしまったので、ごめんさい。」
  • 「体調が悪くて、デートに行けそうにありません。ごめんなさい。」

と、まずは、会う約束をお断りします。

その後、完全に関係を断ちたい場合は、ブロックすれば、相手もお断わりされたことを察してくれます。

→ Pairs(ペアーズ)で会う約束したあと退会/連絡がない理由と対処法

会った後の断り方

会った後の断り方ですが、相手にある程度個人情報を知られてしまっているので、同時進行の断り方と同様に、一言メッセージを送ってからブロックした方が安全です。

「今までありがとうございました。よく考えてみましたが、(結婚観や恋愛観などの)考え方がやっぱり合わないのでごめんなさい。」

とLINE(ライン)かメールした後ブロックすれば、相手は察してくれます。

→ Pairs(ペアーズ)で会った後、連絡なし/退会ブロックされる理由と対処法

Pairs(ペアーズ)の断り方まとめ

Pairs(ペアーズ)などマッチングアプリでお断りしたい場合は、基本ブロックで問題なく、相手は断られたことを察してくれます。

ただ、会う約束をした後や、個人情報を知られてしまった後の場合、一言お断りのメッセージを送ってからブロックした方がいいですね。

タイトルとURLをコピーしました