Pairs(ペアーズ)で会う約束したあと退会/連絡がない理由と対処法

Pairs(ペアーズ)でせっかく会う約束(アポ)をしたのに退会されたり、連絡がなくなるとショックですよね。

そこで、会う約束をしたあと退会や連絡がない理由と対処法などについて解説します。

Pairs(ペアーズ)で会う約束をしたあと退会/連絡がない理由と対処法

Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリで会う約束をしたあと退会ブロックされたり、連絡がなくなる理由としては、

  • 会う約束をするタイミングが早すぎた
  • LINE(ライン)交換のタイミングが早すぎた
  • 会う場所や時間帯が不安
  • 本命の相手を優先した

のどれかであることが多いです。

このうち、会う場所や時間帯ですが、人の多い公共の場で昼間の時間帯でないと女性は不安がどんどんつのっていきます。

特に会う前に一度でも車でのドライブデートに誘うメッセージを送ってしまうと、もしかしたら会った後、車でどこか連れて行かれるんではないかと警戒してしまう女性もいます。

2回目のデートでのドライブデートや夜お酒を飲みに行くのはありですが、会う前のやりとりではどんなに盛り上がっても、一定の距離を保っておいた方が女性は安心します。

仲良くなったと思って急にタメ口に変わる人もいますが、ブロックされやすいので注意が必要です。

また、本命の相手を優先してしまう場合ですが、Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリでの婚活や恋活では、付き合うまでは複数人とと同時交際が認められています。

どうしても会う約束の日程は被りやすく、予定が重なった時に本命の相手を優先してしまうのは、男性女性ともにお互い様と言えます。

会う約束をするタイミングはいつがいい?

会う約束をするタイミングですが、話が盛り上がった時ではなく、一通りの自己紹介(自己開示)が終わってからが鉄則です。

どんなにやりとりが楽しくても、相手のことがよく分からないと会うのが不安になるからです。

また、会う約束(アポ)をするまでの期間ですが、マッチング後、やりとりを1週間は続けてからの方が成功率は高いです。

特に女性はゆっくりと会ってみようという気持ちが固まっていくので、気持ちが固まるのに1週間ぐらいは必要だからです。

ちなみに、Pairs(ペアーズ)ではマッチング後、会う前での平均期間は2週間という人が最も多く、会う約束をするのが遅すぎても、話題がつきてお互い冷めやすくなるので、2週間を目安にやりとりしていくといいですね。

→ Pairs(ペアーズ)で会うまでの期間/日数/やりとり/会うタイミングも解説

LINE(ライン)交換は会う約束をしたあと!

LINE(ライン)交換ですが、会う約束をしたあと、デートの前日にするのがベストです。

Pairs(ペアーズ)ではLINE(ライン)交換をしなくても会えるのに、理由もなくLINE(ライン)交換しようとすると相手は個人情報を調べようとしているのではと不安になるだけです。

デート前日なら、デート当日にお互い連絡を取りやすくするためという理由があるので、自然にLINE(ライン)交換できますよ。

ちなみに、LINE(ライン)は会話型のツールなので、LINE(ライン)上手な人でない限り難易度が高く、会う約束後であっても、焦ってLINE(ライン)交換せず、できるだけサイト内で手紙型のやりとりをした方が長続きしやすいです。

会う約束後、連絡できなくなるのを防ぐためにLINE(ライン)交換しようと考えるのは間違いで、LINE(ライン)交換しても相手の気が変われば簡単にLINE(ライン)ブロックされます。

→ Pairs(ペアーズ)でライン交換は危ない?タイミングとやりとりも解説

会う約束を女性からするのはあり?

男性は女性を追いかけていたい生き物で、女性から追われると逃げたくなる傾向があるので、基本的には女性から会う約束をしない方がいいです。

ただ、男性がなかなか誘ってこない場合は、食べてみたい物や行ってみたい場所の話を女性から振ってあげれば、誘ってもOKなんだと気付きたいていは誘ってきます。

なお、それでも誘ってこない場合、気付いていないのではなく、他の本命の相手を優先している可能性が高いです。

そんな場合は、本気度が低いので、やりとりを続けるべきか見極める必要があります。

会う約束をしたあと連絡がない時の対処法

会う約束をしたあと連絡がない場合ですが、ブロックされてなければまだ脈なしではないです。

ただ、相手は会うことを不安に思っているので、無理に会おうとしてしつこくメッセージを送れば完全にブロックされるか、音信不通になります。

会う約束をさらに1週間後に延期してもう少しやりとりをしようと提案してみるといいです。

そして、やりとり延長期間は、自己開示のメッセージをしっかり送って、相手の不安をなくしてあげることが大事です。

→ Pairs(ペアーズ)の脈あり脈なしサイン!男性女性別の見分け方を解説

会う約束をしたあと退会(ブロック)された時の対処法

会う約束をしたあと相手がPairs(ペアーズ)を退会してしまうのは、こちらをブロックしたからです。

Pairs(ペアーズ)ではブロックすると、相手には退会済みと表示されるためで、本当に退会した訳ではないです。

ただ、相手が退会(ブロック)したら完全に終わりなのであきらめるしかないですね。

再登録してメッセージを送るようなストーカー行為をするとPairs(ペアーズ)に通報され、強制退会処分となって二度とPairs(ペアーズ)をできなくるので、そんな行為は絶対やめましょう。

→ Pairs(ペアーズ)の退会済みはブロックか見分け方/名前が変わる訳も解説

会う約束をすっぽかしたら

ただし、会う約束をして当日待ち合わせ場所に行ったにもかかわらず、一言のメッセージもないままブロック(ドタキャン・アポばっくれ)された場合、迷惑をかけられたことになるので、相手をPairs(ペアーズ)に通報しても大丈夫です。

Pairs(ペアーズ)では

ブロック=お断り

が暗黙の了解になっていますが、会う約束をしたあと、日時まで決めてしまった場合は、事前に一言お断りのメッセージを送るのが常識です。

→ Pairs(ペアーズ)にドタキャン男女多い?したい時とされた時の通報/対策

会う約束の断り方(キャンセルの仕方)

会う約束をしたあとの断り方ですが、

「今までありがとうございました。よく考えてみましたが、(結婚観や恋愛観などの)考え方がやっぱり合わないのでごめんなさい。」

と、相手を否定するのではなく、考え方の違いを理由に断ることで、相手は傷つかず、あきらめてもらいやすくなります。

なお、お断りのメッセージの返信に答えてしまうと、逆上されることもあるので、メッセージを送ったら即ブロックした方がいいです。

→ Pairs(ペアーズ)の断り方【同時進行/ライン/誘い/会う約束/写真etc…】

Pairs(ペアーズ)の会う約束のまとめ

Pairs(ペアーズ)で会う約束をしたあと退会されたり、連絡なしになってしまうのは、会う約束をするタイミングが早すぎるのが原因であることが多いです。

相手を不安にさせないよう、しっかり自己開示をしてから誘うことで会える確率は上がりますよ。

→ Pairs(ペアーズ)で会えない!会える確率は?2回目会えない対策も解説

タイトルとURLをコピーしました