Pairs(ペアーズ)のニックネーム名前変更/本名NG!偽名でおすすめは?

Pairs(ペアーズ)のニックネームにはイニシャルのままだったり残念な名前をつけている人がいますよね。

そこで、名前の変更方法や異性から好印象なおすすめニックネーム(偽名)、名前の呼び方、本名を教えるタイミングなどについて解説します。

Pairs(ペアーズ)の名前/ニックネーム変更方法

Pairs(ペアーズ)でニックネーム(名前)を変更する方法ですが、アプリ版とPCブラウザ版で違います。

アプリ版

  1. その他をタップ
  2. プロフィール確認をタップ
  3. プロフィールを編集するをタップ
  4. 詳細プロフをタップ
  5. ニックネームの名前の部分をタップ

ブラウザ版

  1. 自分のメイン写真アイコンをクリックし、プロフィール編集画面を開く
  2. ニックネームをクリック

ニックネームを変更できない時は?

Pairs(ペアーズ)ではニックネームは入力後、審査に通らないと変更できないようになっています。

公序良俗に反する名前や個人情報が特定できてしまうような本名、電話番号、メールアドレスなどはニックネームにはできません。

Pairs(ペアーズ)やフェイスブックは偽名で登録できる?

Pairs(ペアーズ)にFacebook(フェイスブック)連携登録すると、本名がイニシャルとなって自動的に最初のニックネームとなります。

なお、フェイスブックは偽名では登録できないので、偽名がPairs(ペアーズ)のニックネームになることはありません。

また、電話番号登録やメールアドレス登録の場合、ニックネーム(偽名)で登録できますが、登録後に相手とやりとりするには、登録方法にかかわらず年齢確認が必要です。

年齢確認の際、本名も確認されますが、本名がPairs(ペアーズ)内で公開されることはありません。

ブロックされた後に名前を変更したらどうなる?

Pairs(ペアーズ)で相手をブロックしたり、ブロックされた後に名前を変えてもブロックは解除されません。

また、ブロックした方は「ブロックしたユーザーリスト」で一覧を見ることはできますが、名前は表示されません。

Pairs(ペアーズ)では一度ブロックしてしまうと、どちらかが再登録しない限りブロックはリセットされず、相手のプロフィールを見ることはできません。

名前が違う!名前を変える人の理由

Pairs(ペアーズ)では登録後にイニシャルから違う名前に変更する人は多いです。

また、ラインや他のSNSと同じニックネームだと個人情報を特定されやすくなるので、あとから名前を変える人も多いです。

なので、名前(ニックネーム)が違うからといって警戒する必要はないです。

Pairs(ペアーズ)のニックネーム/偽名でおすすめは?

Pairs(ペアーズ)のニックネーム(偽名)はウケを狙ったり、面白い名前や一文字だけなどにしてしまうと嫌悪感を持ってしまう人が多いです。

特にネットでのやりとりには不安を持っている人が多いので、相手を安心させるためにも、男性女性ともに自分の下の名前か、もしくは名前ももじった自然なニックネームをつけた方が無難です。

ちなみに、おすすめは付き合った後に相手から呼んで欲しいニックネームです。

なお、漢字やカタカナよりもひらがなの方が親近感を持ってもらいやすいので、下の名前の場合は、

  • 直美→なおみ
  • 健太→けんた

という風にするといいです。

下の名前を出したくない場合は、

  • なおみ→なお
  • けんた→けん

としておくといいですね。

ニックネームに本名やイニシャルがNGな理由

ニックネームは下の名前をひらがなにするなら個人情報は特定されにくいですが、漢字などの本名だと身バレする危険があります。

また、イニシャルやアルファベットだと、親近感が湧きにくく、名前も呼びづらいのでやめた方がいいです。

イニシャルの人はサクラ?

Pairs(ペアーズ)にはイニシャルの人も多いですが、イニシャルの人はFacebook連携登録をした人がほとんどでサクラではないです。

Pairs(ペアーズ)ではマッチング後やりとりのできない無料会員の男性や様子見で登録しただけの女性がサクラと間違われやすいですが、サクラはそもそもいません。

Pairs(ペアーズ)の名前/ニックネーム検索

Pairs(ペアーズ)では、検索条件にあるフリーワード検索に名前やニックネームを入力すれば名前検索ができます。

この名前検索は女性は無料できますが、男性はプレミアムオプションのみ使える機能となっています。

また、自分の名前やニックネームはGoogleやFacebook(フェイスブック)などで名前検索される危険もあるので、個人情報が特定されないよう、Pairs(ペアーズ)で使う名前や写真などはSNSで使うものとは別にしておいた方が安全です。

→ Pairs(ペアーズ)でスクショや画像保存は禁止?通知でばれるか解説

Pairs(ペアーズ)で名前を聞く/本名を教えるタイミング

Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリで相手に本名(フルネーム)を教えるタイミングですが、会ってからが普通です。

会う前に名前(本名)を聞くと、個人情報を検索で調べようとしているんじゃないかと警戒されるので、ニックネーム以外は聞かない方がいいです。

ただ、相手がイニシャルの場合は呼びにくいので、

  • 「名前は何て呼んだらいいですか?」

と最初に聞くのは大丈夫です。

なお、会ってから本名を教えるタイミングですが、相手が信用できると思ったら、デート中か、デート後のLINE(ライン)で、自分から名乗れば相手も名乗ってくれます。

→ Pairs(ペアーズ)で会うまでの期間/日数/やりとり/会うタイミングも解説

名前(本名)を聞かれたら?

マッチング後、相手から名前(本名)を聞かれたら、

  • 「会ってからお伝えしますね。それまでは○○と呼んで下さい。」

キッパリ伝えて問題ないです。

名前は名乗るべき?名乗らないのは怪しい?

Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリでは会う前は名前(本名)を名乗らないのが普通なので、聞く方がマナー違反です。

名前(本名)をしつこく聞かれるのは、ネットで名前検索や画像検索しようとしているからなので、絶対教えない方がいいです。

例え相手が先に名乗ってきたとしてもその名前は本名ではなく、偽名である可能性もあるので注意が必要です。

また、誕生日(生年月日)も個人情報が特定される原因になりやすいので会ってみて相手を信用できると判断するまでは教えない方がいいです。

→ Pairs(ペアーズ)の年齢変更と年齢詐称!誕生日をごまかす方法も解説

名前の呼び方!名前の間違い/呼び捨てはNG!

Pairs(ペアーズ)などのマチングアプリでの相手の名前の呼び方ですが、

  • 「○○さん」

と男性女性ともにニックネームをさん付けで呼ぶのが普通です。

いくらマッチング後にメッセージのやりとりで仲良くなったとしても、会う前に「○○ちゃん」や「○○くん」や下の名前を呼び捨てなど馴れ馴れしくすると、相手から警戒されるか軽い奴と思われ、会える確率は下がります。

また、名前を間違えると不快に思われブロックされやすくなるので気を付けましょう。

なお、メッセージのやりとりも会うまでは基本敬語の方が会える確率は上がります。

→ Pairs(ペアーズ)のタメ口と敬語!年上年下でやめるタイミングを解説

Pairs(ペアーズ)のニックネーム/名前のまとめ

Pairs(ペアーズ)のニックネーム(名前)は付き合った後に呼ばれたい名前にしておくと、会ってからも名前を変える必要がないのでおすすめです。

ただ、SNSなどで使っているニックネームにしてしまうと個人情報を特定されやすいので注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました