Pairs(ペアーズ)の遠距離恋愛!県外の人からのいいねと会うコツも解説

Pairs(ペアーズ)で遠距離や県外(他県/遠い県)の人からいいねや足跡がつくと遠距離恋愛は可能なのか気になりますよね。

そこで、地方や田舎と都心で遠距離恋愛はできるのか、遠距離恋愛で会うコツなどについて解説します。

Pairs(ペアーズ)で県外の人と遠距離恋愛できる?

Pairs(ペアーズ)が実施した遠距離恋愛についてのアンケート調査によると、

  • 遠距離恋愛はあり・・・70%
  • 遠距離恋愛はなし・・・30%

という結果の回答になり、地方や田舎、都心といった居住地はあまり関係なく、遠距離恋愛をありと答える人の方が多いことが分かりました。

なので、特に地方や田舎に住んでいる人は、隣県や中距離の相手はもちろん、遠距離の相手も恋愛候補に入れることで、相手探しの幅を広げることができます。

ちなみに、Pairs(ペアーズ)には外国人の登録者も多いので、海外に住んでいる人ともマッチングすることができます。

→ Pairs(ペアーズ)の外国人男性女性検索で出会う方法!怪しい詐欺も解説

遠距離/県外の人からのいいねと足跡

Pairs(ペアーズ)には遠距離恋愛もありという人が70%もいるため、地方や田舎など県外の人からもいいねや足跡がつきます。

もちろん、写真写りが良かったり、年収などのスペックが良いと全国からいいねがくるようになります。

また、Pairs(ペアーズ)にはコミュニティが10万種類以上もあり、コミュニティを通して共通の趣味を持った相手探しをしている人が多いので、県外の人からのいいねや足跡がつきやすくなっています。

さらに、コミュニティには遠距離恋愛系のコミュニティもたくさんあるため、遠距離OKな人に直接いいねを送ることもできます。

なお、以前住んでいた場所や地元にまた戻るのもありという人が、元々住んでいた場所の相手にいいねや足跡をつけることも多いです。

将来は地元を離れて都心部や田舎で暮らしたいという人は思い切って、遠距離の相手にいいねや足跡をつけてみるのもいいですね。

→ Pairs(ペアーズ)のコミュニティおすすめとヤリ目的コミュニティを解説

遠距離で付き合うメリット・デメリット

遠距離恋愛をするメリットとしては、

  • 一人の時間も作れる
  • 仕事にも打ち込める
  • 常に新鮮な気持ちで会える

というのがあり、デメリットとしては、

  • 会うのに交通費がかかる
  • 会える回数が少ない
  • 会えないので不安になる
  • 浮気の可能性がある

というのがあります。

なので、一人の時間も大事にしたいという人には遠距離恋愛も向いていますが、会えないと不安になってしまうような恋愛体質の人には向いていないと言えます。

ちなみに、浮気の可能性ですが、遠距離恋愛中の人を対象にしたアンケート調査によると、約3割の人が浮気の経験があると回答しています。

ただし、同じ県内の相手と付き合っている場合でも浮気率は約3割となっているので、遠距離との違いはなく、人によるところが大きいです。

なお、Pairs(ペアーズ)には位置情報(GPS)を利用した「距離で検索」機能があり、自分の住んでいる位置から10km圏内の近くにいる人とも出会うことができます。

→ Pairs(ペアーズ)の位置情報GPS/距離で検索の使い方!バレるかも解説

遠距離恋愛でも結構は可能?

地方や田舎と都心といった遠距離恋愛でも結婚できるかですが、株式会社ウェディングパークが行った口コミ調査によると、結婚した人のうち遠距離恋愛をしていたカップルは36.2%となっています。

また、厚生労働省の調査では、結婚した人のうち、結婚前に同棲していたカップルは35%のため、遠距離でも同棲でも結婚率に変わりはなく、遠距離だから別れやすいというこをはないことが分かります。

なので、婚活中の人は、遠距離に住んでいる相手も婚活対象として考えて問題ないと言えます。

Pairs(ペアーズ)の遠距離恋愛で県外の人と会うコツ

Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリで地方や田舎などの遠距離や県外の人と会うコツですが、同じ県内の人と会うのと同じです。

遠距離や県外の人だからといって会うのを先延ばしにしてしまうと、気持ちも冷めやすくなるので、マッチング後2週間以内を目安に一度会ってみた方がいいです。

特に、女性は会うまでは男性を減点方式で見てしまうので、やりとりが長引くほど減点されて会える確率は下がります。

→ Pairs(ペアーズ)で会うまでの期間/日数/やりとり/会うタイミングも解説

遠距離恋愛の告白

地方や田舎などの遠距離や県外の人と会う時ですが、男性は女性に交通費の負担を感じさせないように、遠い県でもなるべく女性の住んでいる県内まで行って会った方がいいです。

ただし、遠距離だからといって女性の住んでいる場所を聞き出そうとすると警戒されてしまうので、女性の住む県内でおすすめのデートスポットを女性から聞いて、そこで会うようにするといいです。

なお、告白のタイミングですが、通常は3回目のデートで告白した方が成功率が高いので、毎週会える程度の隣県ぐらいの距離なら3回目のデートでの告白の方がうまくいきます。

ただ、交通費的にも1ヵ月に一度しか会えないような遠距離なら、3回目のデートまで期間が空きすぎるため、初デートで告白までしておいて、2回目のデートまでに返事をもらうという形にした方がいいです。

遠距離なのにわざわざお互い会うという時点で、近場の相手との出会いよりも脈ありの可能性は高いので、告白成功率も高いです。

ちなみに、初対面同士で会う時は食事だけにするよりも、半日ぐらいけかけてデートしてしまう方がお互いのことが分かるので付き合える確率は上がります。

遠距離恋愛中のメッセージと電話

付き合うことになったら、毎日1回は必ずLINEでのメッセージや電話、ビデオ通話をした方が長続きします。

地方や田舎などの遠距離恋愛だとどうしても不安になってしまうからで、浮気予防にもなります。

なお、遠距離恋愛を長続きさせるためには、

  • まめに連絡する
  • 交通費が負担にならないように割り勘にする
  • お互い自立して、依存しすぎない

というのがコツで、一緒に協力していくことが大事になってきます。

ちなみに、遠距離恋愛で付き合った相手と会う頻度ですが、DeNAの調査によると、

  • 月に1回程度 33.5%
  • 3か月に1回程度 26.5%
  • 半年に1回程度 19.6%

となっていて、お互いの距離にかかる交通費や滞在費などによって違ってきます。

往復の交通費や滞在費が5万円以内で済むのなら、月に1回は可能ですが、相手が海外など遠いほど、経済的にも会うのが3か月か半年に1回などになりやすいです。

ただ、会える頻度が少ないことで余計に盛り上がりやすく、「それなら一緒に暮らすために結婚してしまおう」というカップルも多いため、会える回数が少ないことはデメリットばかりではないです。

→ Pairs(ペアーズ)で彼氏できたが退会しない!浮気は?信用/結婚できる?

Pairs(ペアーズ)の遠距離恋愛まとめ

Pairs(ペアーズ)では遠距離恋愛もありという人が70%もいて、コミュニティを通して出会うことが多いため地方や田舎などの遠距離の相手からもいいねがきます。

お互いのどちらかが居住地にこだわらない人であれば遠距離恋愛は成立して、結婚できる確率も変わらないため、相手探しの幅を広げたい人はトライしてみるのもありです。

→ Pairs(ペアーズ)の検索方法!上位条件や出てこない/できない場合も解説

タイトルとURLをコピーしました