Pairs(ペアーズ)にドタキャン男女多い?したい時とされた時の通報/対策

Pairs(ペアーズ)でデート当日にドタキャンされたら困りますよね。

そこで、ドタキャンしたい男女の理由と対処法や上手な断り方、ドタキャンされた(待ち合わせに来ない)時の通報などについて解説します。

Pairs(ペアーズ)には当日ドタキャンする男女が多い?

Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリでは、お互いの個人情報があまり分からない状態で会う約束をするので、簡単にドタキャンできることから、デート当日になって突然ドタキャンしてしまう男女もいます。

ただ、ドタキャンする男女が多いのかというと、ドタキャンしない男女の方が圧倒的に多く、マッチングアプリでの出会いだからドタキャンされるということではなく、当日待ち合わせに来ないのは人によるところが大きいです。

ドタキャンする人には特徴があり、やりとりの中にドタキャンの兆しが見えることも多く、会う約束をした後、会うまで連絡なしの場合や会うまでの期間が長すぎる場合も相手が冷めてしまいドタキャン率が高くなります。

なので、会うまでは毎日1回以上やり取りし、会う前に会う約束をちゃんと守れる相手なのかどうか、事前に断りの連絡をくれる相手なのかどうか、ある程度見極める必要があります。

ちなみに、マッチングアプリに慣れていない人や初めてやる人ほど急に不安になってドタキャンしやすい傾向があります。

なお、当日いきなり誘う人もいますが、余計に相手は不安になりやすく、当然ドタキャンされやすくなります。

→ Pairs(ペアーズ)のやりとり頻度/期間/人数は?やりとり中の表示も解説

Pairs(ペアーズ)のドタキャン男女の理由と対処法

Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリでドタキャンする理由としては、

  • 急に不安になった
  • 他の相手と予定が重なった
  • 面倒になった
  • 気が変わった
  • もともと行く気はなかった
  • 体調不良や仕事が理由

などがありますが、一番多いのが会うのが不安になってしまうからという理由です。

会うのが不安になってしまうのは、やりとりでお互いの自己開示を十分にしていないうちに会う約束してしまうのが原因です。

Pairs(ペアーズ)ではマッチング後、2週間以内に会う人が最も多いんですが、会う約束をするまでに最低1週間はしっかりやりとりをすることが大事です。

また、マッチングアプリにまだあまり慣れていない人の場合、1週間では心の準備ができないことも多いので、相手のペースに合わせてゆっくりやりとりしていく必要もあります。

それから、会う場所や時間帯ですが、初めて会う時は、昼間、公共の場にしないと女性は不安になるのでドタキャンのきっかけになりやすいです。

→ Pairs(ペアーズ)で会うまでの期間/日数/やりとり/会うタイミングも解説

次に多い理由が他の相手と予定が重なってしまうことで、同時進行している人がほとんどなので、どうしても本命の相手やもっといい相手が現れたら優先されます。

本命の相手と先に会うことを優先してしまうのはお互い様なので、会う約束を断る場合は早めにするのがマナーです。

なお、「面倒になった」とか「気が変わった」とか「もともと行く気がなかった」タイプの人は、しつこくアプローチしすぎたか、やりとりが合わないことが多く、会う前にだいたい見分けはつきます。

ちなみに、「体調不良や仕事が理由」というのはほとんどの場合が嘘で、本当は不安になったか、他の相手と予定が重なったかのどちらかが理由です。

Pairs(ペアーズ)でドタキャンしたい時の上手な断り方

Pairs(ペアーズ)などのマッチングアプリではお断りしたい時にはブロックするのが暗黙の了解になっていますが、会う約束をドタキャンするのは相手の迷惑になるので、必ずお断りの連絡を事前に送るのがルールです。

ドタキャンしたいと思った時の断り方ですが、

  • 「仕事で急な予定が入ってしまったので、ごめんさい。」
  • 「体調が悪くて、デートに行けそうにありません。ごめんなさい。」

と、まずは会う約束をお断りします。

その上で関係を断ちたいならブロックしても許されます。

何も連絡せずにいきなりブロックしてしまうと通報されるので、前日までのなるべく早めの連絡がマナーですが、当日であっても必ず連絡は入れましょう。

→ Pairs(ペアーズ)の断り方【同時進行/ライン/誘い/会う約束/写真etc…】

Pairs(ペアーズ)で待ち合わせに来ない!ドタキャンされたら通報

Pairs(ペアーズ)では待ち合わせに来ないなどの「当日の無断ドタキャン」も通報対象項目に入っているので通報できます。

何も連絡なしに当日ドタキャンされた場合はルール違反なので、通報しても問題ないです。

ただ、会う約束の日時や場所などをちゃんと決めていない状態でのブロックは単なるお断りなのであきらめるしかないですね。

なお、会う約束を急にお断りされてもブロックされていないようなら、相手はただ不安になっただけでまだ脈なしではないです。

ゆっくりとやりとりを再開すれば、復活する可能性もあるので、どうしても会ってみたい相手なら時間をかけてやりとりし直していくといいです。

→ Pairs(ペアーズ)の違反報告/通報!したのに/されたらどうなるか解説

当日ドタキャンブロック退会されても仕返しはNG!

当日ドタキャンされて頭に来ても仕返しは犯罪になります。

通報すればあとはPairs(ペアーズ)の運営側が対応してくれるので、運営に任せましょう。

ちなみに、Pairs(ペアーズ)ではブロックすると相手には退会済みと表示されますが、会う約束をした当日に退会してしまった場合でも、お互いの履歴にニックネームと年齢は残るので通報できます。

→ Pairs(ペアーズ)の退会済みはブロックか見分け方/名前が変わる訳も解説

当日ドタキャンに備えてリスケする方法

リスケとはリスケジュールの略で計画を変更するの意味です。

当日ドタキャンされた場合、一日の予定が台無しになってしまうので、リスケの予定も立てておくといいです。

ちなみに婚活中の人の中には、1日に2回(お昼、夕方など)以上会う約束をしている女性もいます。

この1日に2人以上と会う約束をするというのは実は女性にとってはかなりうまい計画で、会うための準備も1回で済み、時間を限定して会うことでヤリモクかどうかの見極めもできます。

ヤリモクはワンナイトを狙っているので、時間を限定してくる女性とは会いたがらないためです。

→ Pairs(ペアーズ)のヤリモクの見分け方!即ワンナイトやり逃げの対処法

Pairs(ペアーズ)のドタキャンまとめ

Pairs(ペアーズ)でドタキャンされる(待ち合わせに来ない)のは会う前にやりとりをちゃんとしていないのが原因である場合が多いです。

丁寧にやりとりして、昼間、公共の場で会う約束をすればドタキャンされるリスクはかなり防げるので、相手のペースに合わせていきましょう。

→ Pairs(ペアーズ)で会う約束したあと退会/連絡がない理由と対処法

タイトルとURLをコピーしました