婚活サイト/マッチングアプリ・婚活パーティー/イベント・街コン・合コン・結婚相談所などの出会いまとめ

婚活恋活部

マッチングアプリDine(ダイン)の口コミ評判!使ってみた評価をレビュー

更新日:

恋活婚活マッチングアプリのDine(ダイン)の口コミ評判は本当かどうか、実際にやってみた評価/感想をレビューします。

2chや知恵袋、App Store、Google Playなどの良い口コミも悪い口コミも暴露して解説しているので、Dine(ダイン)のリアルな実態が分かります。

Dine(ダイン)とは?

会員数 累計10万人以上
年齢層 20代まで47% 30代43% 40代8% 50代以上2%
男女比 6対4
料金 男性女性共通 6500円/月額~ 無料あり 女性は実質無料
運営会社 株式会社Mrk&Co

Dine(ダイン)は食事デートすることを前提にマッチングするデーティングアプリです。

プロフィールで自分の行きたいお店の候補をいくつか選んでおき、デートしたい相手を選んでマッチング後、最初にデートの日程を決めてからメッセージ交換し、Dineを通してお店を予約してデートという流れになっています。

男性か女性のどちらかが有料会員であれば会う約束ができ、男性のほとんどが有料会員のため、女性は実質完全無料で使えます。

Dine(ダイン)で選べるお店はどこもおしゃれなため、イケメンハイスペック男子や美人、可愛い子の割合がかなり高いです。

サクラゼロ、既婚者NGで監視体制や通報制度も整っているので安全に使うことができます。

Dine(ダイン)の悪い口コミ評判

  • 東京、名古屋、大阪、福岡のお店しかない
  • 月額料金が高い
  • 恋愛目的と婚活目的の会員がいる

参考 2ch/知恵袋/App Store/Google Play

Dine(ダイン)で選べる提携店舗は100以上あり、現在も拡大中ですが、今のところ東京、名古屋、大阪、福岡にしかありません。

マッチングした相手がOKすれば、他のマッチングアプリと同じようにメッセージ交換の中で、自分達でお店を探して選べばいいので、近県に住んでいて都心まで遠いという人は、お互いの中間地点などでお店を決めるといいです。

また、Dine(ダイン)の月額料金はマッチングアプリの料金相場(4000円前後)と比較すると高いです。

ただ、料金が高い分、会員のレベルも高く、他のマッチングアプリでは人気会員となっていてなかなかマッチングしないような相手ともすんなり会う約束ができてしまうため、出会うまでにかかる時間を考えるとコスパは圧倒的に良いです。

なお、Dine(ダイン)は会員層的にまずは食事友達としての関係から気軽に出会いたいという会員も多く、恋愛目的と婚活目的の会員とがいます。

婚活目的で使う場合は、相手のプロフィールの結婚願望欄を見て、「すぐにでもしたい」を選んでいる会員とだけマッチングしていくといいです。

ちなみに、Dine(ダイン)にサクラはいませんが、口コミでは返信がなくなる相手がサクラと間違われています。

ただ、お店を予約するまではフェードアウトやブロックも当然ありなので、サクラではないです。

Dine(ダイン)の良い口コミ評判

  • イケメンハイスペや可愛い子が多い
  • マッチングしやすい
  • とにかくデートまでが早い

参考 2ch/知恵袋/App Store/Google Play

Dine(ダイン)は、月額料金が高く、選べるお店には高級店も多いので、経済的に余裕のあるイケメンハイスペックな男性が多く、類は友を呼ぶで美人のキャリアウーマンや可愛い子の割合も高いです。

他のマッチングアプリの人気会員ばかりが集まったような会員層なので、ワンランク上の相手ともあっさり付き合うことができてしまいます。

また、プロフィールの初回デート欄で男性は「おごります」を選んでおけば、マッチングしやすくなります。

高級店を選べばさらにマッチング率は上がりますが、安ウマなお店やランチやカフェといった低価格でもおしゃれな人気店も選べるので、そこは予算に合わせて選ぶといいです。

なお、Dine(ダイン)は食事デートをしたい人が集まっているので、マッチング後は簡単に会う約束ができます。

ただ、お店を予約する前にメッセージ交換ができるので、お互い一通りの自己紹介のやりとりをして会話が合いそうそな相手かどうか確認してから予約した方がミスマッチを防げます。

Dine(ダイン)を実際に使ってみた評価/感想をレビュー

Dine(ダイン)の評価ですが、App StoreとGoogle Playの5段階評価を見てみると、

App Store 3.8
Google Play 3.7
平均 3.75

となっていて、平均すると3.75になります。

女性は登録しておくだけで男性からたくさんの申し込みがきて選び放題になるため、女性からの評価はおおむね高いんですが、男性は出会えた人と出会えなかった人とで評価が分かれています。

出会えなかった男性の口コミは婚活あるあるばかりなんですが、マッチングしないのはプロフィールに問題があり、会っても付き合えないのは共通点の多い会話の合いそうな相手を選んでいないからです。

Dine(ダイン)はマッチングもしやすくほぼ会えるので、相手選びが重要です。

登録方法

Dine(ダイン)の登録方法ですが、公式サイトを開いたらアプリをインストールします。

*Dine(ダイン)はスマホアプリ版しかなく、パソコン用のWEBブラウザ版はありません。

アプリを開いたら、Facebook、Twitter、SMS(電話番号)の3種類から登録方法を選べます。

ただ、Facebookなどと連携しても特にメリットはないので、基本SMS(電話番号)登録にしておくといいです。

案内に沿って認証後、プロフィールの基本情報や行きたいお店を選んで入力すれば登録完了です。

プロフィールやお店はあとから修正できるので最初はサクっと入力しておくといいです。

なお、Dine(ダイン)は年齢確認しないとメッセージ交換できないので、次に年齢確認を済ませます。

年齢確認は免許証や保険証などの画像を提出(アップロード)するだけです。

写真とプロフィール

写真は最大6枚まで掲載できるんですが、自分の雰囲気が分かるよう最低4枚は掲載しておいた方がいいです。

最初からデートの日程を決めてくアプリだけに、プロフィールの占めるウェートが大きいです。

特に男性の場合、プロフィールを見ただけでどんな雰囲気の人なのかが分かるようにしておくと安心感を与えられるので、自己紹介文もしっかり書いておいた方がマッチング率も上がります。

また、初デートで行きたいお店と地域を提携店舗の中から10個まで選べます。

地域は現在、東京、名古屋、大阪、福岡しかないので、近県の人は東京か名古屋、大阪、福岡の中から行けそうな地域を選ぶといいです。

お店は高いところから安いところまで全部で100店舗くらいあるんですが、お茶代だけで済み、安全に昼間会えるカフェも一つは選んでおいた方が申し込みは増えます。

ただ、お金持ち狙いの女性なら高そうなお店ばかりをあえて選んでおくのはアリです。

使い方/出会い方のコツ

Dine(ダイン)の使い方ですが、まず検索条件で性別、年齢、地域を選んでおき、毎日紹介される相手の中からデートしたい相手を選び、相手が選択しているお店の中から一緒に行きたいお店を選ぶとリクエスト(デート申し込み)ができます。

リクエストを相手が承認するとデート成立(マッチング成立)となり、最初に日程調整を行います。

日程調整後、メッセージ交換ができるようになり、お互い同意すれば、予約ボタンを押して必要事項を入力し、Dine(ダイン)を通してお店に予約が入ります。

日程調整は自分の希望日を指定できるんですが、とりあえずいくつか候補を選び、メッセージであいさつと「お互いの都合を合わせるためにまずはメッセージ交換をしましょう」と送っておくと、返信が返ってきやすくなります。

ちなみに、メッセージ交換してみて話が合わない場合はマッチングを解除できます。

お互い会話が合うかどうか判断するためにも、お店を予約する前にある程度はメッセージ交換しておいた方がいいです。

また、Dine(ダイン)はプロフィールさえちゃんと作っておけば、男女比のバランスがいいので、マッチングはしやすいです。

そうは言ってもライバルもいるので、男性の場合、20人に申し込んで3人ぐらいとマッチングする感じです。

逆に言えば、毎日誰かしらとマッチングできてしまう訳なんですが、あまり共通点のない相手とマッチングしてしまうと、いっしょに食事に行ったところで会話も大変です。

なので、外見だけで選ぶのではなく、会話が合いそうな共通点のある相手に絞って申し込みをしていった方が付き合える確率も上がります。

女性の場合、検索でログイン順に表示されるので、定期的にログインしておいた方が申込みをたくさんもらえます。

料金プランの選び方

Dine(ダイン)は男性か女性のどちらかが有料会員(ゴールドメンバー)であればメッセージ交換でき、会う約束ができます。

男性の有料会員が多いため、女性は実質完全無料で使えます。

料金プラン 月額料金
1ヵ月プラン 6500円/月額
3ヵ月プラン 4800円/月額
6ヵ月プラン 3800円/月額
12ヵ月プラン 2900円/月額

*25歳以下の人はDine(ダイン)のU25割が適用され、1ヵ月プランが3900円になります。

料金プランは長期プランほど割安になっていますが、1ヵ月で出会えてしまう人も多いので、初めてやる時は1ヵ月プランにしておくといいです。

なお、検索機能などが増える、別途有料のプラチナメンバー(+6500円/月額)もありますが、通常のゴールドメンバーでも十分出会えるので、出会いを増やしたい人向けです。

ちなみに、Dineは無料会員登録後、マイページにある「友達招待」を開き、招待コードを入力すると7日間有料会員の機能が無料で使えます。

無料招待コード

jpM55CN2 (読み方:ジェイピーエム55シーエヌ2)

無料招待コードを使うとプロフィールにゴールドメンバーのマークが付き、相手にも分かるのでマッチング率も上がります。

7日あればかなりマッチングできるので、男性も完全無料で出会えてしまいます。

Dine(ダイン)の口コミ評判!使ってみた評価まとめ

Dine(ダイン)はマッチング後、簡単に食事デートができてしまうので、まずは会って話をしてみたいという人に向いてます。

招待コードを使えば男性も無料で出会え、あまりにもあっけなく美人やイケメンと会う約束ができてしまうので、とりあえずご飯に行ってみて下さい。

婚活恋活出会いの場の選び方と出会うコツ【2019年最新版】

年齢別!婚活恋活出会いの場の選び方【2020年最新版】

婚活恋活の出会いの場はたくさんありますが、同年代が多いほど出会えます。

そこで、年齢別におすすめの出会いの場をまとめておきます。

大学生や10代の多い出会いの場

→ 大学生や10代におすすめのマッチングアプリ/婚活サイト

→ 大学生や10代の多い恋活婚活パーティー

→ 大学生や10代の多い街コン/合コン

20代の多い出会いの場

→ 20代前半後半別おすすめの婚活サイト/マッチングアプリ

→ 20代の多い婚活パーティー/バスツアー

→ 20代の多い街コン/合コン

→ 20代の多い結婚相談所

30代の多い出会いの場

→ 30代やアラサーにおすすめの婚活サイト/マッチングアプリ

→ 30代の多い婚活パーティー/バスツアー

→ 30代の多い街コン/合コン

→ 30代の多い結婚相談所

40代の多い出会いの場

→ 40代やアラフォーにおすすめのマッチングアプリ/婚活サイト

→ 40代の多い婚活パーティー/バスツアー

→ 40代の多い街コン/合コン

→ 40代の多い結婚相談所

50代の多い出会いの場

→ 50代やアラフィフにおすすめのマッチングアプリ/婚活サイト

→ 50代の多い婚活パーティー/バスツアー

→ 50代の多い街コン/合コン

→ 50代の多い結婚相談所

60代の多い出会いの場

→ 60代シニア熟年向けおすすめマッチングアプリ/婚活サイト

→ 60代の多い婚活パーティー/街コン/合コン

→ 60代の多い結婚相談所

-マッチングアプリ口コミ評判

Copyright© 婚活恋活部 , 2020 AllRights Reserved.