マッチングアプリで同時進行されてる!いつまで?何人?嫉妬の対処法

マッチングアプリでは男性女性ともに複数人と同時進行や二股並行している人は多いですが、「同時進行はいつまでOKで平均何人なのか?」「自分は同時進行されてるのか?」が気になりますよね。

そこで、同時進行の平均人数やコツと同時進行されてる時の嫉妬の対処法などについて解説します。

マッチングアプリの同時進行はいつまでOK?

マッチングアプリでの複数人との同時進行(二股並行)は、本命の相手と付き合うことになるまではOKになっています。

これは結婚相談所のお見合いでも同じで、婚活や恋活では、真剣交際が始まるまでの間は複数人とやりとりしながら相手を選んでいくというシステムになっているためです。

相手も付き合うまでは複数人と同時進行している場合がほとんどなので気にしなくて大丈夫です。

また、相手が何人と同時進行しているか気になると思いますが、聞かないのが暗黙のル-ルで、聞かれても嫉妬されるだけなので答えない方がいいですね。

マッチングアプリの同時進行は平均何人?

マッチングアプリでの複数人との同時進行では、何人までというルールはなく、自分のキャパの範囲で何人キープの相手を作ってもOKです。

同時進行の平均人数ですが、最初は1~2人と二股並行を始めて、3~5人まで同時進行でメッセージのやりとりを増やし、会うのはそのうちの1~2人という形を繰り返している人が多いです。

ちなみに、マッチングアプリで本命の相手と出会うまでの平均人数ですが、ネットなどのアンケート調査結果をまとめると、3~4カ月で6~7人という人が最も多いです。

1ヵ月に2人の相手とデートして、3か月で6人以上と会い、7人目までに付き合う相手が決まるというのが平均です。

ただ、個人差がかなりあって、最初から本命の相手と出会い付き合う人や、半年以上かかる人まで様々です。

マッチングアプリの同時進行の男性女性別コツ

マッチングアプリで複数人との同時進行(二股並行)するコツですが、男性女性ともに自分がキープと知って平気な人はいないので、相手に悟られないように配慮するのが鉄則です。

また、自分のキャパ以上に同時進行してしまうと、デートの予定が重なりやすく、返信頻度もきつくなり、一人ひとりへの接し方が雑になりやすいです。

なので、メッセージのやりとりをまめにしたり、デートで会うのは直近の本命だけにして、その他のキープの相手は1日1回の返信のみという形でまわしていく方が、無理なく心理的にも有利に婚活や恋活を進めていけますよ。

なお、女性の場合、マッチング率平均は8割~9割以上で、自分に会う気があればほぼ全員と会えるため、自分のペースで同時進行は進めていくといいです。

一方、男性の場合はマッチング率平均が1~2割程度なので、常に10人と同時進行すると女性と心理的バランスがとれます。

男性は100人の女性にいいねを送り、そのうち10人とマッチングして、会えるのは平均で1人か2人です。

常に10人と同時進行しておけば、毎週誰か1人~2人とは会えるので、女性と同じ感覚で余裕を持って対等にやりとりができるようになります。

同時進行で付き合った後は?

マッチングアプリで付き合うことになったら、男性女性ともに、それまでの複数人との同時進行(二股並行)はお互いやめるのがルールです。

そのためにも、交際を始めたタイミングでいっしょにマッチングアプリを退会してしまうのがいいですね。

「一緒に退会しない?」

と言って、渋るようなら本気度は低いので、今後のためにも見極める必要があります。

なお、退会後、違うニックネームで再登録すれば、相手がちゃんと退会しているか確認できます。

同時進行している時の断り方

マッチングアプリで複数人と同時進行(二股並行)している時の相手へ断り方ですが、男性女性ともに、会う前であればフェードアウトやブロックしても問題ないです。

フェードアウトやブロックはよくあることなので、相手も悟ってくれるからです。

ただ、会う約束をした後や会った後であれば、

「今までありがとうございました。よく考えてみましたが、(結婚観や恋愛観などの)考え方がやっぱり合わないのでごめんなさい。」

と、お断りのメッセージを送ってからブロックするのが常識です。

相手を否定するのではなく、考え方や価値観を理由にすれば相手は傷つきにくく、諦めやすいです。

マッチングアプリで同時進行されてる!嫉妬の対処法

マッチングアプリでは複数人と同時進行(二股並行)している人が多いので、同時進行は普通と思っておくことが大事です。

同時進行されてるか見極める方法

マッチングアプリで自分が相手から複数人同時進行(二股並行)でキープされているかどうか見極める方法ですが、

  • デートの誘いを断られる
  • デートの誘いがない
  • 2回目以降のデートの約束ができない
  • デートの約束が1カ月後
  • 告白しても返事がない

というのがキープされている人の特徴で、デートの予定が合わないことが多いです。

自分がキープ扱いだと感じた場合ですが、嫉妬心が湧いてくるため、冷静なやりとりや判断をするためにも、自分も複数人と同時進行(二股並行)しておいて、相手をキープ扱いにするくらいで進めていった方がいいです。

ただ、本命が他にいる訳ではなく、単に仕事が忙しかったり、告白のタイミングが早すぎたなど、付き合うまでに時間のかかる人の可能性もあるので、キープと決めつけすぎないように注意が必要です。

マッチングアプリの同時進行Q&A

マッチングアプリの複数人との同時進行(二股並行)のよくある疑問について解説します。

同時進行ができない!罪悪感がある時は?

マッチングアプリで複数の人と同時進行(二股並行)することが苦手でできない人や罪悪感を感じてしまう人は無理に同時進行する必要はありません。

同時進行した方が効率的に数をこなせるというだけのことで、一人ずつ本命の相手に絞った婚活や恋活をした方がうまくいくこともあります。

実際、何人目に出会った相手と付き合うことになるかは運の要素が大きいので、自分のペースで大丈夫です。

複数のアプリに同じ人がいるのは普通なの?

特定の相手が決まるまで、マッチングアプリを複数掛け持ち(併用)している人は男性女性ともに多いので、複数のアプリに同じ人がいても普通です。

複数掛け持ちして同時進行(二股並行)している人ほど、より希望条件に合った相手と付き合えているので、1つのアプリだけしかやっていない人より有利に出会えています。

複数掛け持ち(併用)する時の写真は同じでいい?

マッチングアプリを複数掛け持ち(併用)している人は男性女性ともに、同じ写真やプロフィールを使っていることがほとんどです。

同じ写真だと気付く相手も複数掛け持ちしているから気付く訳なのでお互い様で、「今婚活や恋活を積極的にやっているんだな」と思われるだけで、気にする必要は全くありません。

逆に、違う写真にしていると、同時進行している相手がもしも見た時、変に怪しまれます。

マッチングアプリの同時進行まとめ

マッチングアプリでは付き合う相手が決まるまで、何人でも同時進行してOKです。

同時進行している人は多いので、いちいち嫉妬しないように、自分も複数の人と同士進行や二股並行しておいた方がリスク分散にもなりますよ。

タイトルとURLをコピーしました