自撮りしかない男女向け!マッチングアプリの自撮り写真のコツを解説

マッチングアプリの写真は他の人に撮ってもらった方が印象が良いですが、「載せる写真がない」「撮ってもらう友達がいない」という場合は自撮りしかないですよね。

そこで、マッチングアプリでモテるプロフィール用自撮り写真の撮り方について男性女性別に解説します。

マッチングアプリで自撮りはNG?

マッチングアプリの男性の自撮り写真は女性からよくキモいと言われますが、女性は顔だけでなく、雰囲気も重視しているからです。

自撮りだとキメ顔を作るのに何回一人で撮ったんだろうと想像してしまい、ナルシストに見えてしまうためです。

例えば、こんな感じで斜め上から角度つけたりして、背景をシンプルに顎を引いたキメ顔で撮るとキモく見えます。

「自撮りする男性」[モデル:大川竜弥]

また、カメラから視線を外したり、ポーズを決めたり、サングラスなどしてかっこよく見せようとすればするほど、ナルシスト感がMAXになってさらに悪化します。

逆に、他の人に撮ってもらった写真が女性から好印象なのは、自然体の写真になるからで、雰囲気が良く見えるからです。

つまり、他の人に撮ってもらったように自然体の写真を撮れば自撮りでもOKな訳です。

一方、女性の自撮りは男性からキモいと思われません。

と言うのも男性は、写真で女性の顔を確認するのが目的だからで、自撮りでも他撮りでもどちらでもいいからです。

自撮りしかない男性向け!マッチングアプリの自撮り写真のコツ

マッチングアプリの自撮り写真のコツですが、他人から撮ってもらったように見せるには、自分だけを主役にせず、写真の他の風景や物をメインにしてしまうといいです。

つまり、風景や物をメインにして、自分もついでに写っているという撮り方です。

例えば、趣味の物や風景をメインにして撮ったり、

「反射板はあなたを救う2015」[モデル:けんたさん]

食べ物や飲み物など手に持った物をメインに撮ったりします。

「笑顔でドーナツを食べるWebデザイナー」[モデル:Tsuyoshi.]

自撮りの場所としては、外出先で撮った方が他の人に撮ってもらった風に撮れます。

自撮り棒やスマホ用三脚を使ってセルフタイマーで撮ると、より他人が撮った風に撮れますが、なければスマホを手で持って、観光名所などでの記念撮影風に撮れば、自撮りしかないという男性でもうまく撮れますよ。

ただし、車の写真は女性にとってどこか連れていかれそうな不安を与えてしまうので、趣味が車でも載せないほうがいいですね。

自撮り写真の服装(男性)

マッチングアプリで女性ウケの良い服装とは、清潔感と安心感とキレイ目です。

私服だとセンスに個人差が出て、ダサく見えてしまう人もいるので、スーツかビジネスカジュアル(オフィスカジュアル)にしておけば自撮り写真でも外すことはないです。

女性ウケの良い服装についてはこちらでくわしく解説しています。

→ マッチングアプリの初デートで初めて会う時の男性服装【女子ウケで選ぶ】

自撮りしかない女性向け!マッチングアプリの自撮り写真のコツ

マッチングアプリのプロフィール写真は、女性の場合、部屋での自撮りでも問題ないんですが、すっぴんはもらえるいいねが減るだけなのでNGです。

外見だけで判断されたくないという気持ちは分かりますが、女性は外見で判断されやすいので、デメリットしかないです。

ただ、メイクが濃すぎたり、オシャレすぎる服装などは逆効果になるので、適度なメイクと女性らしい服装がベストです。

男性ウケの良い女性らしい服装についてはこちらで解説しています。

→ マッチングアプリの初デートで初めて会う時の女性服装【男性ウケで選ぶ】

また、SNOWなどであからさまに加工したり、顔の一部をサングラスやマスクで隠していたり、変顔や横顔だと、実物は別人だと疑われるので、普通に正面を向いた自然体の笑顔の写真を撮った方がいいです。

なお、会う前に疑ってもう一度写真交換したがる男性もいるので、写真交換用にも自撮り写真を用意しておくと便利です。

「イマリンビーチに来ました!(自撮り)」[モデル:河村友歌]

「伊万里市大川内山で自撮り(浴衣女子)」[モデル:河村友歌]

自撮り写真の加工がNGの理由

マッチングアプリでは、写真加工アプリを使えば、イケメンや美人に加工できるため、人気会員になることも可能です。

ただ、写真加工は年収詐欺と同じです。

写真加工して、もらえるいいねやマッチング率が上がったところで、実物とかけ離れていると、会えばバレるため付き合うことはできません。

特に女性の場合、写真加工のおかげでもらえるいいねを増やしてしまうと、写真加工しなくてもいいねを送ってくれる男性との見分けがつかなくなり、本来なら付き合えて、結婚までできるはずの男性とも出会いにくくなってしまいます。

マッチングアプリは女性優位の世界のため、写真加工しなくても普通にメイクするだけで女性はたくさんのいいねがもらえるので、実物の自分を好きになる男性を探した方が絶対いいです。

なので、写真写りが悪くて加工したい場合でもほどほどにしておいた方がいいですね。

マッチングアプリの自撮り写真の選び方(男女共通)

マッチングアプリのプロフィール用の写真は、

  • メイン写真・・・1枚(胸から上の顔の写真)
  • サブ写真・・・3~8枚(体全体が写っている写真1枚と自分の雰囲気が分かる写真1枚、他は興味のあるものの写真)

という構成になっていて、メイン写真は胸から上の顔がはっきり分かる自撮り写真を使います。

サブ写真なんですが、相手がどんな雰囲気の人なのか、自分と相性は良さそうか知りたくて見ます。

なので、自分の雰囲気(人柄)の分かる自撮り写真を載せるのがコツで、マッチング率は8倍くらい上がります。

ちなみに、自分の写っている自撮り写真は3枚までにしておくことで、ナルシストの印象を与えずに済みます。

また、自分の写ってない好きなもの、興味のあるものの写真は、相性の良い相手を引き寄せてくれます。

例えば、インスタ映えするような写真を載せるとリア充志向の強い相手を引き寄せ、素朴な写真を載せると、素朴な相手を引き寄せます。

共通の趣味の相手と出会いたなら趣味の写真を載せた方が良く、会話のきっかけにもなります。

なお、異性ウケのいいサブ写真としては、

  • インスタ映えのする写真
  • 綺麗な景色
  • カフェ
  • 食べ物や飲み物と私
  • 動物(ペット)

などがあります。

ただ、万人受けを狙って無理に自分をアピールしようとすると、本来相性の良くない相手も引き寄せてしまうので、注意が必要です。

ちなみに、メイン写真、サブ写真ともにNGとなる写真としては、

  • 異性が写っている写真
  • 友人も写っている写真(集合写真)
  • 子持ちでないのに子供と一緒に写っている写真
  • 変顔・キメ顔・ドアップ・悪そうな顔
  • 証明写真
  • 鏡に映っている写真
  • タバコの写真
  • ぜいたくやブランド品の写真
  • 筋肉を見せる写真
  • モノクロ・セピアの写真
  • モザイク・スタンプを入れた写真
  • 実物の写真をカメラで撮っている
  • 生活感のありすぎる写真
  • セクシーすぎる写真

などがあり、印象が悪くなります。

マッチングアプリの自撮りまとめ

マッチングアプリのプロフィール写真は、自撮りでも他撮り風に撮れば、モテる写真にすることが可能で、自撮りなら自分の気に入った写真を納得いくまで撮りなおすこともできます。

ただ、実物とかけ離れた写真を載せると、いつまでたっても彼氏彼女はできないので、加工はNGです。

なお、自撮りで上手く撮れない場合、プロのマッチングアプリカメラマンに撮影してもらうという方法もあり、くわしくはこちらで解説しています。

→ マッチングアプリ用のプロフ写真撮影!プロに依頼して撮ってもらう方法

タイトルとURLをコピーしました