マッチングアプリの偽名(ニックネーム)例!名前呼び方と本名を聞くタイミング

マッチングアプリで使う名前は本名がいいのか、下の名前や偽名(ニックネーム)がいいのか、呼び方はどうしたらいいかって意外と迷いますよね。

そこで、マッチングアプリで使う名前のつけ方と本名を聞く/教えるタイミングなどについて解説します。

マッチングアプリは本名と偽名(ニックネーム)どっちがいい?

マッチングアプリに登録している人はほぼ100%偽名(ニックネーム)やイニシャル、自分の下の名前を使っています。

これは、身バレを防ぐためで、仲良くなるまでは本名は聞かない/教えないのが暗黙の了解となっています。

ただ、イニシャル(例:NK)だと相手の印象に残りにくく、やり取りする時も親近感が湧きにくいです。

なので、相手が好感を持ちやすい偽名(ニックネーム)を付けておくといいです。

下の名前の偽名(ニックネーム)例

マッチングアプリでの偽名(ニックネーム)のつけ方ですが、面白い偽名(ニックネーム)だと、相手に嫌悪感を与えてしまうことがあります。

ネットでのやり取りには不安を持っている人が多いので、相手を安心させるためにも、自分の下の名前か、もしくは名前ももじった自然な偽名(ニックネーム)をつけた方が無難です。

特に婚活をしている場合、ユニークすぎたり、謎な名前だと本気度を疑われやすいので注意が必要です。

マッチングアプリで下の名前を公開しても個人情報を特定される心配はまずないです。

ちなみに、漢字やカタカナ、アルファベットよりもひらがなの方が親近感が湧きやすいです。

偽名(ニックネーム)の例ですが、下の名前の場合はこんな感じでひらがなにしている人が多いです。

  • 直美→なおみ
  • 健太→けんた

ただ、最初から下の名前を掲載するのに抵抗がある場合は、

  • なおみ→なお
  • けんた→けん

と、もじっておくといいですね。

自分の名前に近い自然な偽名(ニックネーム)なら、あえて名前を聞かれることもなくなります。

あとから本名を教えた時もしっくりきますよ。

LINE(ライン)の名前(本名)は偽名(ニックネーム)に変えておく

マッチングアプリで仲良くなると、LINE(ライン)交換することが多いので、LINE(ライン)の名前も本名(フルネーム)の人はあらかじめ偽名(ニックネーム)や下の名前だけに変えておいた方がいいです。

LINE(ライン)の名前が本名のままだと身バレしやすいからです。

LINE(ライン)では自分の名前変更はプロフィールの設定から簡単にできますよ。

ただ、LINE(ライン)交換のタイミングで名前を名乗りたい人はそのままでも大丈夫です。

ちなみに、LINE(ライン)交換しなくてもサイト内のメッセージ交換だけで会う約束はできるので、無理にLINE(ライン)交換する必要はありません。

マッチングアプリでの名前の呼び方!呼び捨てはNG!

マッチングアプリでは、相手が下の名前をつけていようが、偽名(ニックネーム)であろうが、呼び捨てにすると馴れ馴れしく思われて印象が悪くなります。

なので、最初は「~さん」付けで呼んだ方が印象は良くなります。

ちなみに、「~ちゃん」や「~くん」はお互い仲良くなってからならアリですが、デートするまではさん付けで呼んだ方が失敗しにくいです。

また、あだ名を勝手につけるのは絶対NGで、ブロックされやすくなります。

相手がイニシャルなどをつけていて、名前を何て呼んだら呼んだらいいか分からない場合、まずは相手に「名前はなんて呼んだらいいですか?」と聞いてみて、相手の指定する名前で呼ぶのがマナーです。

名前やニックネームを間違えたら?

マッチングアプリでたくさんの相手と同時進行でやりとりしている場合、名前を間違えてしまうこともあります。

ただ、名前を間違えられると相手は一気に冷めてしまう場合が多いので注意が必要です。

もし間違えた名前で呼んでしまったら、すぐに間違いを謝った方がいいですね。

逆に自分の名前を間違えられた場合も、すぐに相手に違うと伝えた方が気まずい感じにならずに済みますよ。

マッチングアプリで名前を聞く/教えるタイミングはいつ?

マッチングアプリでやり取りをまだあまりしていない段階で、いきなり相手の名前を聞いてしまうと印象が悪くなります。

中には自分から先に名乗ってくる人もいますが、それは相手に名前を教えてと言ってるようなものなので不安に感じる人は多いです。

なので、名前を聞く/教えるタイミングとしては、

  • LINE(ライン)交換した時
  • 電話で話した時
  • 実際に会った時

がベストです。

LINE(ライン)交換した時や電話で話した時は、それまでのメッセージ交換の関係より親密になるタイミングなので、自然と名前を聞けるからです。

なお、本名(フルネーム)は実際に会ってみて、信用できるまでは教えないのが常識なので、2回目会いたくないと思った時は、本名(フルネーム)は教えなくてOKです。

ただし、婚活中の人の中には、お見合いの感覚で会う約束をしたあとに本名を名乗ってくる人も割といます。

女性から名乗ってきた場合、男性は女性に合わせて信用できそうならこちらも本名を名乗るのはありです。

男性から名乗ってきた場合、女性は無理に本名を名乗らなくても大丈夫で、誠実な男性なら女性の警戒心を察してくれます。

名前を教えてくれない時の上手な聞き方

マッチングアプリでLINE(ライン)交換したり、実際に会う時の名前の聞き方ですが、LINE(ライン)の場合、移行したら、最初に自分から下の名前だけ名乗ってしまうと相手も名乗ってくれやすいです。

やり取りの中で、「友達からはなんて呼ばれてるんですか?」と遠まわしに聞いてもいいですね。

また、実際に会った時の本名の聞き方ですが、2回目もまた会ってみたいと思ったら、自分から先に本名を名乗れば、相手もたいてい名乗ってくれます。

会っている時に本名を言い出せなかった場合はお礼のメールで伝えると自然に聞けますよ。

相手が先に名乗ってきたり、名前や本名を聞かれたら?

マッチングアプリで相手が先に名乗ってきた時に、まだ教えたくない場合の対処法ですが、「〇〇さんっていうんですね」とやんわり返すだけでいいです。

そうすれば、相手もまだ名前を聞くタイミングが早すぎたと気付いてくれます。

それでも名前を聞いてくるようなら、「会ってからお伝えしますね」とキッパリ言えば問題ないです。

女性の場合、名前を教えることに抵抗のある人が多く、他の女性も簡単には名前を教えないのが普通なので、それで相手も納得してくれますよ。

しつこく本名を聞いてくる相手は名前検索するので注意!

マッチングアプリで相手が下の名前だけでなく、しつこく本名を聞いてくる場合、それはあなたのことをネットで名前検索して調べようとしていることが多いです。

人によってはネットのSNS(ツイッターやFacebook、インスタグラム)で個人情報がバレてしまう危険もあります。

だいたいそういうマナーを守れない相手には変な人が多いので、やり取りをやめるかブロックしてしまった方がいいですね。

そういう怪しい人に限って本名を先に名乗ってくるんですが、嘘の本名である可能性もあります。

また、名前だけでなく、ネットで個人情報が特定されやすい、会社名、学校名、住所なども気軽に教えないよう注意が必要です。

ちなみに、写真もSNSと同じものを使っていると個人を特定されやすいので、マッチングアプリではSNSで使ってない写真を掲載した方がいいです。

まとめ

マッチングアプリでは相手を信用できるまで、名前や本名を教えなくて大丈夫です。

また、下の名前に近い偽名(ニックネーム)をつけておけば、変に名前を聞かれることもなくなり、仲良くなってからもしっくりいきますよ。

タイトルとURLをコピーしました