マッチングアプリでLINE(ライン)交換後ブロックしたい/された時の対処法

マッチングアプリで、LINE(ライン)交換後にブロックしたい時ってありますよね。

また、LINE(ライン)ブロックされたら理由も気になると思います。

そこで、マッチングアプリでLINE(ライン)交換後にブロックしたい時の仕方とLINE(ライン)ブロックされた理由や対処法などについて解説します。

マッチングアプリでLINE(ライン)交換後にブロックしたい時の仕方

マッチングアプリでLINE(ライン)交換後のブロックは、

LINEブロック=やりとりのお断り

というのが暗黙の了解になっているので、そのままLINE(ライン)ブロックしても大丈夫です。

ただ、デートの約束をしている場合は、デートの約束を断ってからLINE(ライン)ブロックするのがルールです。

そうしないと、相手はLINE(ライン)ブロックされたことに気付かず、デート当日も待ち合わせ場所で待つことになり、ドタキャンされたと逆上してリベンジしてくる危険もあるからです。

お互いのためにも、LINE(ライン)交換後は慎重に対処した方がいいですね。

なお、会う前のLINE(ライン)ブロックで受けるダメージは少ないですが、会った後の突然のLINE(ライン)ブロックには傷付く人が多いです。

なので、デートした後に断る場合は、無言のLINE(ライン)ブロックではなく、一言「恋愛観や結婚観が合わないのでごめんなさい」と伝えてからLINE(ライン)ブロックするのがマナーです。

実際、会った後は個人情報をある程度知られてしまっているので、一言、断るメールを送っておいた方がリベンジも防げます。

マッチングアプリでLINE(ライン)交換後ブロックされた理由

マッチングアプリでLINE(ライン)交換後にブロックされた理由としては、

  • 話がつまらない・興味がなくなった
  • 電話したらギャップがあった
  • 即レスすぎて面倒になった
  • 誘いたがるので不安になった
  • タメ口など彼氏ヅラが不快
  • 他に優先順位の高いライバルがいた

などが多いです。

LINE(ライン)は会話型のツールなので、サイト内の手紙型のやりとりよりも難易度が高く、LINE(ライン)上手な人でない限り、やりとりを増やせば増やすほどボロが出てブロックされやすくなります。

女性は会うまでは男性を減点方式で見ているので、LINE(ライン)交換後、会う約束したら、下手に馴れ馴れしいLINE(ライン)は送らず、デート当日までは返信程度にしておいた方が会える確率は上がります。

なお、マッチングアプリでは複数の相手と同時進行している人が多いので、LINE(ライン)が来なくなることやブロックされるのは日常茶飯事です。

いちいち動揺しないためにも、付き合うまではこちらも複数の相手と同時進行しておいた方がいいですね。

マッチングアプリのLINE(ライン)交換Q&A

マッチングアプリのLINE(ライン)交換のよくある疑問について解説します。

すぐLINE(ライン)交換するのが危険な理由

マッチングアプリで男性がすぐにLINE(ライン)交換しようと言ってくる場合、100%ヤリモク確定です。

ヤリモクというのは効率を重視しているため、やりとりの段階をすっとばしてすぐにLINE(ライン)交換しようとしてきたり、すぐに会いたがるのが特徴です。

また、すぐにLINE(ライン)交換できるかどうかで簡単に口説ける女性かどうかも判断しています。

危険なので、絶対にすぐにはLINE(ライン)交換しないよう注意が必要です。

LINE IDを聞かれたら業者に悪用される可能性も!

マッチングアプリにはLINE IDを収集して迷惑メールを送ってくる、連絡先収集業者も潜んでいます。

連絡先収集業者はコピペでやり取りしてくることが多く、LINE IDを交換後にすぐ退会するのが特徴です。

なので、もしLINE(ライン)交換することになっても、自分のLINE IDは教えず、相手のLINE IDを聞いた方が安全です。

その他、簡単にLINE(ライン)交換できる女性はビジネス勧誘だったり、詐欺の可能性もあるので注意が必要です。

男性がLINE(ライン)交換したがる理由

マッチングアプリで男性がLINE(ライン)交換したがるのは、電話で口説いて仲良くなるためでもあります。

サイト内のメッセージ交換だけだと、親密度が薄いため、ライバルに横取りされることも多いです。

また、不安になった女性が突然ブロックやフェードアウトしたり、デート当日にドタキャンすることがよくあるからです。

その他、どんな感じの女性なのか電話で話が合うかを知っておきたいという理由もあります。

LINE(ライン)交換しないで会う方法

マッチングアプリでLINE(ライン)交換してしまうと、サイト内でのやりとりとは違い、未読や既読も相手にはバレてしまいます。

個人情報をあまり知られたくはない場合は、LINE(ライン)交換しないでサイト内でのやりとりだけで会っても大丈夫です。

その場合、「LINE(ライン)交換は会ってからにしたい」と相手に伝えれば、誠実な男性ならOKしてくれますよ。

ただ、会う前に電話するのは女性にとってもメリットがあります。

メッセージのやりとりと電話での会話ではギャップのある人も多いからです。

また、写真が怪しい場合、ビデオ通話することで顔だけでなく雰囲気も確認できるため、会う前の不安も減ります。

LINE(ライン)交換したくない時の断り方

マッチングアプリで相手が早い段階でLINE(ライン)交換しようとしてきたらヤリモクなので即ブロックしてしまえばいいですが、もう少し相手を見極めたいという場合は、

「もう少しサイト(アプリ)でメッセージ交換してからでもいいですか?」

としっかり伝えるといいです。

それでもしつこくLINE(ライン)交換しようと言ってくる場合はヤリモク確定なので、ブロックするのが安全です。

また、もうやりとりはしたくないと思ったら、返信はせず、フェードアウトかブロックした方がいいですね。

お断りの返信をしてしまうと逆上するストーカー気質の男性もいるので注意が必要です。

マッチングアプリのLINE(ライン)交換後ブロックまとめ

マッチングアプリでLINE(ライン)交換後のブロックはやりとりのお断りとして暗黙の了解となっているので、LINE(ライン)ブロックしたい時は遠慮なくブロックして大丈夫です。

また、LINE(ライン)交換後は、やりとりを増やせば増やすほどLINE(ライン)ブロックされやすくなるので、会うまでは返信程度にしておいた方がいいですよ。

タイトルとURLをコピーしました