マッチングアプリでフェードアウト(FO)したい時の仕方/された時の対処法

マッチングアプリをやっていると、フェードアウト(FO)したい時やされることってよくありますよね。

そこで、マッチングアプリでフェードアウト(FO)したい時の仕方やされた時の対処法などについて解説します。

マッチングアプリのフェードアウト(FO)とは?

マッチングアプリでメッセージ交換をやめたい相手がいた時、少しづつ返信頻度を送らせてゆき、関係を自然消滅させることをフェードアウト(FO)と言います。

また、完全に関係を断つために相手をブロックすることをカットアウト(CO)と言います。

マッチングアプリでフェードアウト(FO)したい/された理由

マッチングアプリの出会いでは、メッセージ交換をお断りする場合、「ごめんさい」と言って断ると、しつこく返信したり、逆上する人がいます。

なので、お断りする場合、少しずつ返信頻度を下げてフェードアウト(FO)するか、一気に関係を断つためにブロックすることが、終わらせ方として普通になっています。

フェードアウト(FO)を失礼と考える人もいますが、実際、断られる方も、理由を説明されると傷付くことが多いので、フェードアウト(FO)やブロックされた方が楽です。

フェードアウト(FO)やブロック・お断りされる理由としては、

  • 話がつまらない
  • 返信に質問がない
  • イメージと違った
  • ライン交換したがる
  • 電話したがる
  • すぐデートや食事に誘う
  • すぐ会いたがる
  • 写真交換したがる
  • 個人情報をしつこく聞かれた
  • 返信が即レスすぎて面倒
  • 足跡が気持ち悪い
  • ヤリモクっぽい
  • 彼氏ヅラしてくる
  • 自慢話をしてくる
  • タメ口など言葉遣いが悪い
  • 他にいい相手が見つかった

などが多いです。

マッチングアプリでフェードアウト(FO)したい時の仕方

マッチングアプリでフェードアウトしたい時の仕方ですが、メッセージの返信頻度を遅らせて、気のない返信をしていくと、やがて相手も察して、フェードアウト(FO)できます。

また、返信をしないことでもフェードアウト(FO)できます。

その後、一定期間返信がない状態が続いたあとに、ブロックすることがほとんどです。

フェードアウト(FO)後にブロックしないと相手はまだ脈ありだと勘違いする場合も多いので、完全に関係を断ちたいならブロックした方がいいです。

なお、ブロックしたい時は、相手のプロフィールにある表示設定からブロックできます。

ちなみに、表示設定画面にには非表示ボタンもありますが、この非表示とは、相手を自分の画面から見えなくするだけで、相手からはそれまで通り見えます。

非表示設定は解除もできますが、ブロックとは違うので間違えないよう注意が必要です。

LINE(ライン)でフェードアウト(FO)したい時の仕方

マッチングアプリでLINE(ライン)交換後のフェードアウト(FO)の仕方ですが、ライン(LINE)交換前と同じで、返信頻度を送らせていくか、返信をやめれば相手は察してくれるのでフェードアウト(FO)できます。

フェードアウト(FO)後、ブロックしないでいると、脈なしではないと勘違いされて、またライン(LINE)が来ることが多いので、完全に関係を断ちたいならブロックしておきます。

ただ、デート後にフェードアウト(FO)したい場合は、相手に、

「今までありがとうございました。(恋愛観や結婚観などの)考え方がやっぱり合わないのでごめんなさい。」

と伝えてからフェードアウト(FO)後、ブロックした方がいいですね。

特に、個人情報を知られてしまってから断る場合は、雑に断るとリベンジされる危険もあるからです。

タイプでないなど相手を否定するのではなく、考え方や価値観の違いであることを伝えれば相手も納得しやすいです。

ちなみに、断る場合は、電話だと相手によってはしつこくなり、断りにくくなるので、電話せずメッセージだけで断った方がいいですね。

マッチングアプリでフェードアウト(FO)された時の対処法

マッチングアプリでフェードアウト(FO)やブロックはお断りの意味(終わらせ方)として暗黙のルールになっているので、諦めた方がいいです。

ただ、ブロックされてないのなら、相手の気が変わって復活することもあるので、追撃メールを送るのはアリです。

ただし、追撃メールを送るコツですが、しつこくメールすると即ブロックされるので、1週間程度、期間を空けて送るといいです。

なお、ブロックされても退会して再登録すれば再び相手のプロフィールを見たり、メールを送ることも可能ですが、それだと通報されて、強制退会となるだけです。

相手にとってはストーカーと同じで恐怖でしかないので、警察に通報する可能性もあります。

ブロックされたらきっぱり諦めるのがルールと言えます。

LINE(ライン)でフェードアウト(FO)された時の対処法

マッチングアプリでLINE(ライン)交換後のフェードアウト(FO)やブロックはお断りの意味となっているので、された方は諦めるしかないですね。

もちろん、ブロックされてないのなら追撃メールはありですが、しつこいとブロックされやすいので、1週間程度期間を空けてからの方がいいです。

なお、ライン(LINE)のフェードアウト(FO)やブロックは会うまでにダラダラとやりとりを長く続けるほどされやすくなります。

また、LINE(ライン)は会話型のツールで、サイト内の手紙型のメッセージ交換とは違い難易度が高いので、よほどLINE(ライン)上手な人でない限り、LINE(ライン)すればするほど会える確率は下がります。

女性は会うまでは男性を減点方式で見ているので、会う約束をしたあとは、デート当日までの間、LINE(ライン)は返信するだけの方がうまくいきますよ。

フェードアウト(FO)された時のために同時進行しておく!

マッチングアプリでは付き合うまではフェードアウト(FO)やブロックされることは多いです。

なので、いちいち動揺しないで済むように、複数の相手と同時進行しておくことが大事です。

同時進行しておくことで、気持ちに余裕も生まれるため、相手を冷静に見ることができ、やりとりもうまくいくようになります。

マッチングアプリのフェードアウト(FO)まとめ

マッチングアプリでフェードアウト(FO)された場合、関係を自然消滅したいという意味なので、諦めた方がいいです。

フェードアウト(FO)されても、同時進行さえしていれば、すぐ気持ちを切り替えてやりとりができますよ。

タイトルとURLをコピーしました