マッチングアプリがバレた時の言い訳の仕方!身バレしない方法も解説

マッチングアプリをやっているのが友達や知り合いにバレた時、事前に言い訳を用意しておくと、スマートに答えることができます。

そこで、マッチングアプリがバレた時のスマートな言い訳の仕方と、そもそも身バレしない方法などについて解説します。

マッチングアプリがバレた時の言い訳の仕方

マッチングアプリにはたくさんの種類があるため、友達や知り合いに身バレしたり、彼氏や彼女にやってるのがバレる確率は低いんですが、万一に備えてバレたときの言い訳は用意しておいた方がいいです。

特に、彼氏や彼女にバレた場合、開き直って相手探しをしていたと言うよりも、嘘でも言い訳してくれる方が自分のことが好きなんだなと思ってくれます。

もちろん、すぐに謝って彼氏彼女の前で退会することとセットです。

そこで、スマートな言い訳の仕方を紹介しておきます。

彼氏にバレた時の言い訳

彼氏にバレた時の言い訳の仕方ですが、友達や職場の先輩の中には、自分のやっているマッチングアプリをおすすめしてくる人はたまにいます。

なので、友達や先輩と話を合わせるために、今仲間内で流行っているからその流れで、

  • 「友達が勝手にダウンロードした」

仕方なくダウンロードさせられたことにすれば自然です。

彼女にバレた時の言い訳

マッチングアプリは同じ趣味の友達を探せるアプリでもあり、SNSで趣味友を探すより、本人確認されている分、安全に出会えます。

なので、彼女にバレた時の言い訳の仕方ですが、

  • 「飲み友達や趣味友を探せるのかやってみただけ」

と言ってごまかします。

浮気がバレた時、男性がよく使う言い訳ですね。

友達にバレた時の言い訳

今の時代は3人に1人がマッチングアプリをやっているので、逆に全然やってない人の方が遅れています。

彼氏や彼女がいないなら、婚活や恋人探しにマッチングアプリを使うことは普通なので、友達にバレた時の言い訳ですが、

  • 「婚活や恋活中だからいろいろ試している」

と言えば、逆に応援してくれます。

知り合いにバレた時の言い訳

マッチングアプリを何となくダウンロードするのはよくあることなので、そのまま興味本位で試しに登録してしまっていてもおかしくはないです。

なので、知り合いにバレた時の言い訳の仕方ですが、

  • 「今やってる人多いから、どんな感じか見てみただけ」

と言えば通ります。

あとは、退会方法やアプリの削除の仕方が分からなかったからそのままにしていたと言えば済みます。

言い訳不要!マッチングアプリで身バレしない方法

マッチングアプリで友達や知り合いに身バレしないか心配な人は、言い訳しなくて済むように、身バレしない対策を最初からしておくといいです。

知り合いがいたら(知り合いを見つけたら)即ブロック!

マッチングアプリに登録したら、自分のプロフィールを作成する前に、まず最初に足跡をつけない設定にして、サイト内に異性の友達や知り合いがいないか自分から検索で調べます。

検索条件に住んでる都道府県、年齢、職業、学歴などを入力すれば、検索結果に写真付きプロフィールが一気に出てくるので探せます。

もし友達や知り合いがいたら(知り合いを見つけたら)こちらからブロックしてしまえば、もう相手からはあなたのプロフィールを見ることができなくなるため、バレることはなくなります。

マッチングアプリは基本的に同性の相手は検索できないものがほとんどなので、異性だけ調べれば十分です。

身バレしない写真を使う

マッチングアプリで一番バレやすいのが写真です。

Facebookやインスタグラム、ツイッターなどのSNSと同じ写真を使っていると友達や知り合いにバレやすいだけでなく、マッチングアプリで知り合った相手にもSNSを見られやすいです。

なので、SNSとは違う写真を使うことで身バレを防げます。

また、すぐに本人と分かってしまう写真ではなく、写真加工アプリで多少修正するか、顔のはっきりとわからない遠目の写真を掲載することでも身バレ防止になります。

顔写真はちょっと修正しただけでも、意外と別人になるので、友達や知り合いにはバレなくなります。

知り合いにバレるのを防ぐために、Facebook連携登録をする

ほとんどのマッチングアプリはFacebookで連携登録するとFacebookの友達(知り合い)同士がお互い非表示になります。

最近はFacebookなしでも電話番号だけで登録できるようになりましたが、Facebookをやっている人は連携登録した方がバレるのを防げます。

なお、Facebookをやってない人には関係ないので、Facebook連携登録する必要はありません。

知り合いにバレたくないならニックネームを変更する

マッチングアプリで使うニックネームは自分の下の名前や友達の知っている自分のニックネームではなく、新たにニックネームを作ることで知り合いにバレにくくなります。

知り合いからのいいねやいいねした相手が知り合いだった場合の対処法

マッチングアプリで知り合いからいいねがきたり、いいねした相手が知り合いだった場合、即効でブロックしてしまえば、相手には退会表示となり、プロフィールはお互い見れなくなるため、それ以上あなたのことを知られる心配はないです。

ただ、どうしても気になるなら他のマッチングアプリに変えた方がいいですね。

知り合いとマッチングしたりメッセージがきた場合の対処法

マッチングアプリでは稀に知り合いとマッチングしたり知り合いからメッセージがくることもあります。

本人だとバレていてマッチングしたりメッセージがくる場合は、好意があるからです。

ただ、あなたがメッセージ交換したくないという場合は、返信するよりもブロックしてしまった方が相手も察してくれるので波風立たずに済ますことができます。

知り合いに身バレしないマッチングアプリを使う

マッチングアプリの中には、プロフィールの公開/非公開(表示/非表示)設定ができる身バレ防止機能のついたアプリがあります。

いいねを送った相手やマッチングした相手にしか自分のプロフィールが公開されないため、身バレを防げます。

この身バレ防止機能を使っても自分からは他の会員のプロフィールを自由に見ることができ、マッチングした相手とはメッセージ交換もできるため、身バレが怖いという人には便利な機能です。

いいねが欲しい時だけ自分のプロフィールを公開するといった使い方もできるので、友達や同級生、知り合いにバレるのを防げます。

なお、この機能を無料で使えるアプリと有料のオプションとなっているアプリがあります。

身バレ防止機能のある国内大手マッチングアプリ一覧です。

会員数順累計会員数身バレ防止機能の料金目的
ペアーズ(Pairs)1000万人以上2560円/月額(プライベートモード)恋活/婚活
タップル誕生400万人以上980円(とうめいマント)恋活
Omiai400万人以上無料恋活/婚活
マッチドットコム250万人以上2800円/月額(プライベートモード)恋活/婚活
ユーブライド180万人以上無料婚活
ゼクシィ縁結び100万人以上4378円/月額(プレミアムオプション)婚活
with100万人以上無料恋活/婚活
イヴイヴ100万人以上2100円/月額(シークレットオプション)恋活
パートナーズ72万人以上無料婚活
エキサイト婚活27万人以上無料婚活

知り合いに身バレしないマッチングアプリ無料おすすめ5選!

知り合いに身バレしない身バレ防止機能(プロフィール公開/非公開設定)を無料で使える、国内大手のおすすめマッチングアプリについて、特徴を解説します。

Omiai(恋活婚活アプリ)

 Omiai
会員数累計400万人以上
年齢層20代まで51% 30代36% 40代10% 50代以上3%
男女比6対4
料金男性3980円/月額~ 女性無料
運営会社株式会社ネットマーケティング
口コミ評判→ Omiaiの口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

Omiaiは会員数が多いですが、プロフィールの公開/非公開設定が無料ででき、身バレを防げるアプリです。

女性が平等にいいねがもらえるシステムになっていて、いいね格差が少なく、男性は人気会員の女性ともマッチングしやすいのが特徴です。

with(恋活婚活アプリ)

 with(ウィズ)
会員数累計100万人以上
年齢層20代まで65% 30代24% 40代8% 50代以上3%
男女比56対44
料金男性3600円/月額~ 女性無料
運営会社株式会社イグニス/株式会社アイビー
口コミ評判→ withの口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

with(ウィズ)は休憩モードをONにするとプロフィールを非表示にできるため、身バレを防ぐことができます。

条件検索だけでなく、心理テストや性格診断を元にマッチングできるので、内面重視で出会いたい人に向いています。

ユーブライド(婚活アプリ)

 ユーブライド(youbride)
会員数累計180万人以上
年齢層20代まで25% 30代35% 40代27% 50代以上13%
男女比58対42
料金男性女性共通 4300円/月額~ 無料あり
運営会社株式会社Diverse
口コミ評判→ ユーブライドの口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

ユーブライド(youbride)は国内最大手の婚活アプリで、有料会員になると無料でプロフィールの公開/非公開設定ができ、身バレを防ぐことができます。

男性女性ともに有料ですが、無料会員は有料会員とならメッセージ交換できるため、男性女性ともに完全無料でも出会えます。

なお、無料会員として使う場合は、スマホでも使えるブラウザ版公式サイトから登録した方が出会えます。

ブラウザ版公式サイトでは、有料会員にクレジットカード決済のマークが表示されるため、有料会員と無料会員の見分けがつき、有料会員にだけアプローチしていくことができるからです。

パートナーズ(婚活サイト)

 パートナーズ
会員数累計72万人以上
年齢層20代まで10% 30代20% 40代30% 50代以上40%
男女比48対52
料金男性2980円/月額~ 無料あり 女性無料
運営会社株式会社パートナーズ
口コミ評判→ パートナーズの口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

パートナーズは運営実績10年以上の老舗の婚活サイトで、プロフィールの表示/非表示設定ができるので身バレを防げます。

マッチングなしに最初からメッセージを送れるシステムのため、丁寧なメッセージさえ送れば返信はきます。

なお、パートナーズは男性も無料会員登録後、招待コードを入力すれば、10日間無料で使えます。

無料招待コード

F9B5XI (読み方 ケイキュウビーゴエックスアイ)

この招待コードは、各種設定にある「紹介コード入力」から入力できます。

ただし、招待コードを入力する前に、先に本人証明をしてしまうと入力できなくなるので、招待コードを入力してから免許証などの本人証明書を提出する必要があります。

エキサイト婚活(婚活サイト)

 エキサイト婚活
会員数累計27万人以上
年齢層20代まで6% 30代20% 40代43% 50代以上31%
男女比46対54
料金男性女性共通 3500円/月額~
運営会社エキサイト株式会社
口コミ評判→ エキサイト婚活の口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

エキサイト婚活は男性女性ともに有料の婚活サイトですが、プロフィールの公開/非公開設定ができるので、身バレせずに使えます。

プロフィールの入力項目は80項目以上と多く、会員層が結婚相談所と同じため、真剣に婚活している人ばかりと出会えます。

マッチングアプリでバレた時の言い訳まとめ

マッチングアプリにはたくさんの種類があるため、身バレすることは滅多にないんですが、身バレ対策をして、言い訳も用意しておいた方が安心して使えます。

身バレ防止機能を無料で使えるアプリもあるので、バレたくない人は乗り換えた方がいいですね。

タイトルとURLをコピーしました