マッチングアプリで会ったら写真と別人が来た!写真と実物が違う男女の見分け方

マッチングアプリで会ったら写真と別人が来た場合、がっかりですよね。

そこで、マッチングアプリで写真と実物が違う男女の見分け方について解説します。

マッチングアプリの写真が別人の理由と対処法

マッチングアプリでは写真と実物がほとんど別人であることがたまにあります。

これは、写真加工アプリで盛る人が多いのが原因で、会う前にしっかり見分ける必要があります。

なお、写真加工アプリを使っている相手の場合、がっかりだけで済みますが、完全に別人の写真を使っている業者男女や悪質なヤリモクには注意が必要です。

業者男女の場合、ネットなどで拾ってきたプロの撮影したモデルの画像を使っていることが多く、他のユーザーの写真と比べると違和感があります。

また、悪質なヤリモクの場合、会った時に別人と思われないように、自分と雰囲気の似たモデルの画質の悪い写真や遠目に写っている写真を使っています。

別人の写真を使う相手はプロフィールも何もかもが嘘である場合がほとんどです。

相手の写真に違和感を感じたら、会う前に必ず他の写真も交換した方がいいですね。

そのためにも、写真交換用に何枚か事前に自分も写真を用意しておくと便利です。

写真と別人でも実物の方がいい場合とブスの場合とがある

マッチングアプリでは、人によっては写真写りが悪く、実物の方がいい人もいます。

顔の彫りが深い人は写真写りと実物に違いがない場合が多いんですが、顔の彫りの浅い人で写真を撮るのが下手な場合、写真写りが悪く見えます。

ただ、実物の方がいい場合は少ないので、過度な期待は禁物です。

たいていの人はお互い様ですが、モテたいがために一番見た目の良い顔写真を載せるので、実物は写真と別人とまではいかなくても少しブス(ブサイク)の場合が多いです。

また、顔は写真通りでも、体型が予想外でがっかりということもあります。

写真と実物に違いがある人ほど、会う前の写真交換を異常に拒否してくるので、その時点で判断できます。

相手だってこちらの写真が別人ではないか気になるので、詐欺写メを使ってなければ自然に交換してくれます。

なので、怪しいなと感じたら、会う前に別の写真を交換するか、LINE(ライン)でビデオ通話しておくといいです。

会ったら別人が来た場合の対処法

マッチングアプリで会ってみたら写真と別人だった時の対処法ですが、個人情報をどこまで相手に知られているかによって変わってきます。

相手に本名や住んでいる場所、職場など個人情報をある程度教えてしまっている場合、穏便に済ます必要があります。

いきなりフェードアウトしようとすると、最悪ストーカーまがいの報復をされる危険があるからです。

なので、ちゃんと断るためにも、お茶ぐらいは付き合った方がいいですね。

お茶しながら会話をして、少しも楽しくないという態度を見せれば、相手も相性が合わないと悟るので、断りやすくやすくなります。

ここで、あいまいな返事や態度を見せてしまうと、相手は勘違いするので注意が必要です。

なお、個人情報は知られていない場合は、「急に予定が入った」などと適当な言い訳をして、その場からすぐ立ち去っても大丈夫です。

相手も実物とは違う写真であることを自覚している場合が多く、詐欺写メを使った方が悪いので、変に傷つけたらどうしようなどと罪悪感を感じる必要はないです。

もちろん、穏便に済ませたいのなら、少しお茶してからしっかり断るといいです。

ただし、ビジネス勧誘などの業者の場合、お茶すると商品の販売や契約をさせようとしてくるので、勧誘と分かった時点ですぐにお断りして立ち去る必要があります。

写真が別人の場合、2回目のデートはない!

マッチングアプリでは、見た目の良い写真を使えば、もらえるいいねやマッチング率は上がりますが、写真が別人だと、会えたところで2度目のデートはありません。

会うまでのやりとりにかけたお互いの時間や期待も全て無駄になるので、見た目の良い写真を使うにしても、ほどほどの写真が一番ベストです。

マッチングアプリは自然体の自分を好きになってくれる相手を探せるツールなので、そこ間違えると彼氏彼女はできませんよ。

写真と実物が違う男女の見分け方

マッチングアプリで写真と実物が違う男女の見分け方ですが、

  • 口元や目など顔の一部分を隠している
  • 横顔、後ろ姿など角度をつけて撮影している
  • 胸元など体の一部分のみの写真
  • プリクラの写真を使っている
  • SNOWなどで加工している
  • 画質の悪い写真を使っている
  • 光が飛びすぎ、暗すぎの写真を使っている
  • 色見を変えるフィルター加工の写真を使っている
  • 数年前や幼少期の写真を使っている
  • 遠目の写真を使っている

などが特徴です。

写真悪用などが怖くて顔のはっきり分からない写真を使っている人もいますが、仲良くなってから会う前に写真交換を拒否してくる場合は、写真と実物が違う可能性がかなり高いです。

逆に、写真と実物が同じ(別人でない)安全な写真としては、

  • 他の人に撮ってもらった写真
  • 全身写真など複数枚載せている

などがあります。

マッチングアプリの写真と別人まとめ

マッチングアプリでは写真加工アプリを使っている人は多く、写真と別人でないか会う前に見分ける必要があります。

写真と実物が違うか見分けられない人や騙されるのが心配な人は、写真加工をしてない人の多い婚活アプリに乗り換えた方がいいです。

タイトルとURLをコピーしました