年齢確認/本人確認なしが怖い理由!年齢確認の安全なマッチングアプリ

マッチングアプリは登録後、メッセージ交換する場合は年齢確認(本人確認)が必要ですが、個人情報は安全なのか怖いですよね。

でも実はもっと怖いのが年齢確認(本人確認)なしのアプリです。

そこで、年齢確認(本人確認)なしが怖い理由と安全に年齢確認(本人確認)できるマッチングアプリについて解説します。

年齢確認/本人確認なしのマッチングアプリが怖い理由

最近、海外製の年齢確認(本人確認)がないマッチングアプリが流行っていますが、嘘のプロフィールで登録できるため、業者だらけとなっていて、会いに行ったら別人が来たなんてことが日常茶飯事で非常に危険です。

ぼったくりバーの業者やホテルに行ったあと仲間が出てきて慰謝料を請求する美人局も多いです。

外個人業者も多く、LINE交換後、違法サイトに登録させて個人情報を抜き取ったり、ワンクリック詐欺の被害も多発しています。

さらに、18歳未満の未成年と知らずに関係を持ってしまった場合、捕まります。

また、国内のマッチングアプリは法律で18歳未満が利用しないよう年齢確認が義務づけられていますが、国内にも年齢確認(本人確認)なしの違法アプリが毎年出てきてはすぐ消えを繰り返していて、運営しているのは悪徳業者です。

登録すると、迷惑メールが大量に送られてきたり、法外な料金を請求されたります。

身分証明書による年齢確認(本人確認)なしというのは犯罪に巻き込まれる危険が高く、非常に怖いアプリなので、興味本位でやらないよう注意が必要です。

年齢確認/本人確認は安全?悪用の危険は?

年齢確認(本人確認)の個人情報は個人情報保護法によって守られてるため、流出したり、提出した免許証などの身分証明書が悪用や偽造される危険はないです。

また、マッチングアプリの場合、年齢確認(本人確認)で使用した情報は年齢と性別以外はプロフィールに反映されないため、サイト内で個人情報が公開されることはありません。

ただ、いくら個人情報保護法で守られているとは言え、マッチングアプリを運営する会社の規模が小さければ、管理体制もそれなりとなります。

なので、国内大手の運営実績のあるッチングアプリなら年齢確認(本人確認)もより安全と言えます。

年齢確認と本人確認の違い

マッチングアプリには年齢確認だけで利用できるものと、本人確認も必要なものとがあります。

どちらも確認に必要な身分証明書は同じですが、

  • 年齢確認・・・生年月日・証明書の名称・発行者名以外の部分は隠せる
  • 本人確認・・・名前や写真などを隠すことはできない

となっていて、年齢確認は「生年月日・証明書の名称・発行者名」以外を隠せますが、本人確認は隠せないという違いがあります。

初めてマッチングアプリをやる人の中には本人確認を怖いと感じる人もいると思いますが、本人確認まであるアプリの方が業者を徹底排除できるのでより安全です。

ちなみに、本人確認が任意となっているアプリの場合、本人確認をしているかどうか会員のプロフィールを見れば分かるため、本人確認までしている相手とだけマッチングしていくことが可能です。

年齢確認/本人確認の安全なマッチングアプリ一覧

国内大手で運営実績があり、年齢確認(本人確認)の安全なマッチングアプリ一覧です。

会員数順累計会員数目的年齢確認本人確認
ペアーズ(Pairs)1000万人以上恋活/婚活
タップル誕生400万人以上恋活
Omiai400万人以上恋活/婚活
マッチドットコム250万人以上恋活/婚活任意
ユーブライド180万人以上婚活任意
ゼクシィ縁結び100万人以上婚活
with100万人以上恋活/婚活
イヴイヴ100万人以上恋活任意
ポイボーイ100万人以上恋活なし
パートナーズ72万人以上婚活
マリッシュ50万人以上婚活/再婚活なし
クロスミー50万人以上恋活
ブライダルネット31万人婚活
エキサイト婚活27万人以上婚活
e-お見合い15万人以上婚活
Dine10万人以上恋活/婚活なし
東カレデート3万人以上恋活/婚活
ミスターアンドミス4000人以上恋活/婚活
プレミアムメンバーズ非公開婚活

このうち、年齢確認と本人確認(任意含む)があり、特に安全性の高い人気マッチングアプリについて特徴を解説します。

ペアーズ(恋活婚活アプリ)

 ペアーズ(Pairs)
会員数累計1000万人以上
年齢層20代まで54% 30代28% 40代12% 50代以上6%
男女比6対4
料金男性4100円/月額~ 女性無料
運営会社株式会社エウレカ
口コミ評判→ ペアーズ(Pairs)の口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

ペアーズ(Pairs)は国内最大手のマッチングアプリで、年齢確認と本人確認があり、24時間365日の監視体制が特にしっかりしていて、夜中でもチャットでヘルプセンターに質問や相談ができ、安全性が高いです。

趣味や興味の集まりであるコミュニティが10万種類以上もあり、同じ趣味の相手探しができるのが特徴です。

Omiai(恋活婚活アプリ)

 Omiai
会員数累計400万人以上
年齢層20代まで51% 30代36% 40代10% 50代以上3%
男女比6対4
料金男性3980円/月額~ 女性無料
運営会社株式会社ネットマーケティング
口コミ評判→ Omiaiの口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

Omiaiは年齢確認と本人確認が必須で、イエローカードのシステムもあり、違反者に表示されるため見分けがつきやすく、このシステムの抑止効果もあって、会員層的に真面目な男性が多く安全に利用できます。

また、女性の人気度によって消費するいいね数が5段階に分かれているため、いいね数の格差が少なく、男性は人気会員の女性ともマッチングでき、逆に女性は本気度の高い男性からいいねをもらいやすくなっています。

with(恋活婚活アプリ)

 with(ウィズ)
会員数累計100万人以上
年齢層10代3% 20代前半32% 20代後半31% 30代24% 40代8% 50代以上3%
男女比56対44
料金男性3600円/月額~ 女性無料
運営会社株式会社イグニス/株式会社アイビー
口コミ評判→ withの口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

with(ウィズ)は年齢確認と本人確認が必須で、24時間365日の監視体制や通報制度が整っていて安全に使えます。

条件検索の他にも、心理テストや性格診断を元に内面重視でマッチングできるので、会員層的に安心して出会える相手が多いです。

マッチドットコム(恋活婚活アプリ)

 マッチドットコム(Match.com)
会員数累計250万人以上
年齢層20代まで19% 30代33% 40代34% 50代以上14%
男女比55対45
料金男性女性共通 3490円/月額~ 無料あり
運営会社マッチ・ドットコムジャパン株式会社
口コミ評判→ マッチドットコム(Match.com)の口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

マッチドットコム(Match.com)は年齢確認はクレジットカードでも可能で、本人確認は任意となっていますが、各種証明書(年収証明、独身証明など)も任意で提出できるため、提出済みの相手とだけマッチングしていくことが可能です。

マッチングなしにメッセージを送れるシステムのため、プロフィールだけでなくメッセージ内容でやりとりするかどうか判断できます。

男性女性ともに有料ですが、無料会員登録後、数日程度有料会員に登録しないでいると、マッチドットコム(Match.com)から半額クーポン付のメールが月に4~6回届きます。

そのメールにある「無料で登録する」というボタンから有料会員になれば半額で利用できます。

全プラン半額になり、しかもオプションまで半額になるので、やるかどうかまだ決めてない人もクーポンをもらうには放置が必要なため、とりあえず先に無料会員に登録だけはしておいたがいいです。

なお、無料会員ともメッセージ交換ができるオプション(半額で1050円/月額~)があり、このオプションを利用している男性は多いため、女性は無料会員のままでも出会えます。

ゼクシィ縁結び(婚活アプリ)

 ゼクシィ縁結び
会員数累計100万人以上
年齢層20代まで21% 30代55% 40代24% 50代以上2%
男女比5対5
料金男性女性共通 4378円/月額~
運営会社株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
口コミ評判→ ゼクシィ縁結びの口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

ゼクシィ縁結びは年齢確認と本人確認ともに必須で、任意ですが各種証明書(年収証明など)も提出できるため、提出済みの相手とだけマッチングしていくことが可能です。

条件検索以外にも、価値観診断の結果を元にしたお相手紹介があり、連絡先交換なしで会えるデート調整代行機能もあるため、安全に会うこともできます。

ユーブライド(婚活アプリ)

 ユーブライド(youbride)
会員数累計180万人以上
年齢層20代まで25% 30代35% 40代27% 50代以上13%
男女比58対42
料金男性女性共通 4300円/月額~ 無料あり
運営会社株式会社Diverse
口コミ評判→ ユーブライドの口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

ユーブライド(youbride)は国内最大手の婚活アプリで、年齢確認が必須で、本人確認は任意ですが、各種証明書(年収証明、独身証明など)も任意で提出できるので、提出済みの相手とだけマッチングしていくことも可能です。

なお、年収700万以上とプロフィールに表示するには、年収証明の提出が必須となっています。

男性女性ともに有料となっていますが、無料会員は有料会員とならメッセージ交換ができるため、男性女性ともに完全無料で使えます。

なお、無料会員として使う場合は、スマホでも使えるブラウザ版公式サイトから登録した方が出会えます。

ブラウザ版公式サイトでは、有料会員にクレジットカード決済のマークが表示されるため、有料会員と無料会員の見分けがつき、有料会員にだけアプローチしていくことができるからです。

イヴイヴ(恋活アプリ)

 イヴイヴ
会員数累計100万人以上
年齢層10代13% 20代70% 30代14% 40代以上3%
男女比55対45
料金男性女性共通 3500円/月額~ 女性無料
運営会社株式会社Market Drive
口コミ評判→ イヴイヴの口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

イヴイヴは年齢確認は必須で、本人確認は任意ですが、無料会員登録するのには会員と運営による二重審査制となっているため、危険人物や業者が入会しづらく、安全性の高いアプリとなっています。

チャットでサポーター(運営)に何でも相談しながら使えるため、マッチングアプリを初めて使う女性でも安心して利用できます。

マッチングアプリの年齢確認/本人確認Q&A

マッチングアプリの年齢確認(本人確認)のよくある疑問について解説します。

登録には年齢確認や本人確認は必要?

マッチングアプリは、年齢確認しなくても登録してマッチングするところまではできます。

ただし、サイト内の相手とメッセージ交換する場合、年齢確認や本人確認が必要になっています。

これは、出会い系サイト規制法で18歳未満でないことの確認が義務付けられているためです。

年齢詐称(年齢嘘)は可能?

年齢確認は18歳以上かどうかを確認するために行われるので、18歳未満の人は身分証明書で年齢詐称できず、マッチングアプリを利用できません。

また、18歳以上の人の場合ですが、以前は18歳以上かのみを確認していたアプリもあり、年齢詐称している男女に遭遇することもありました。

ただ、今では国内大手のマッチングアプリの場合、入会審査や管理体制が厳しくなり、18歳以上かだけでなく生年月日もきちんと確認するため、年齢詐称はできなくなっています。

仮に年齢詐称した場合、発覚したら通報され退会処分となるだけでなく、慰謝料の請求なども有りうるので、サバ読みは厳禁と言えます。

なお、免許証などの身分証明書を偽造は犯罪なので逮捕されます。

ちなみに、マッチングアプリに登録する時、自由に年齢の設定はできますが、年齢確認(本人確認)でバレ、また、年齢確認(本人確認)の段階になってから年齢を変える人は通報されかねないので、正しい年齢で登録した方が良いです。

年齢制限18歳以上なら高校生(JK)も利用できる?

マッチングアプリの年齢制限は18歳以上となっていますが、国内大手のアプリの場合、利用規約で高校生不可となっているため、高校生は利用できません。

高校生不可となってないアプリは悪徳出会い系アプリである場合がほとんどで、様々な詐欺に騙される危険があるため、絶対利用しない方がいいです。

年齢確認/本人確認のあるアプリで高校生(JK)と出会ってしまった場合は?

高校生不可と利用規約に書かれているアプリでも、18歳以上の高校生が違法な手段を使って登録してくる可能性があります。

もし、マッチングアプリで高校生と出会ってしまったら、すぐに運営に通報し、フェードアウトした方がいいですね。

LINE交換などしてしまうと、それをネタにされることもあるので、個人情報は教えないよう注意が必要です。

ちなみに、18歳以上であれば高校生と付き合って関係を持っても、今のところは都道府県の淫行条例や児童買春には当たらないため、犯罪にはなりません。

ただし、援助交際は相手が18歳以上でも高校生かどうかにかかわらず違法となります。

なお、18歳以上でパパ活した場合、体の関係を持ってしまったら売春防止法に抵触し、違法になりますが、現状では刑事罰はないというグレーな状態です。

もちろん、男性が既婚者だった場合は、不貞行為に該当するため、違法になります。

年齢確認/本人確認で使える身分証明書(免許証/保険証など)

マッチングアプリで年齢確認で使える身分証明書としては

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • 学生証
  • 社員証
  • 障害者手帳
  • その他公的証明書

のいずれか1つとなっています。

逆に年齢確認に使えない書類としては、

  • マイナンバー通知カード
  • 年金手帳
  • 住民票
  • 仮免許証
  • 日本国外で発行された証明書
  • 有効期限が切れている証明書

となっています。

マッチングアプリによっては違いはありますが、基本だいたい同じです。

また、本人確認で使える身分証明書としては、

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

のいずれか1つとなっていて、本人確認をすると同時に年齢確認ができるアプリがほとんどです。

年齢確認/本人確認の方法

マッチングアプリで年齢確認(本人確認)する方法ですが、身分証明書をスマホで写真を撮って、サイト内でアップロードすれば提出できます。

画像が見切れていたり、不鮮明だったり、本人確認の場合は名前を隠すなど一部が隠れていると審査に通らないので、全体がしっかり見えるよう撮影する必要があります。

年齢確認はクレジットカードできる?

以前はクレジットカードだけで年齢確認ができるマッチングアプリが多かったんですが、今、クレジットカードで年齢確認ができるアプリはマッチドットコム(Match.com)だけで、本人確認証明書は任意ですが提出できるので、安全に使えます。

マッチングアプリの年齢確認/本人確認まとめ

マッチングアプリの年齢確認(本人確認)は安全のために行われているので、年齢確認(本人確認)なしのアプリの方がむしろ怖いです。

国内大手のマッチングアプリなら個人情報が悪用されたり、流出する心配はないので安全に年齢確認(本人確認)ができます。

タイトルとURLをコピーしました