マッチングアプリの脈あり脈なし男女の見分け方(メッセージ/初デート後)

マッチングアプリで相手の男性や女性が、脈ありなのか脈なしなのかはっきりしないと気になりますよね。

実は、メッセージ交換では脈ありでも、初デート後に脈なしに逆転する場合も多いです。

そこで、マッチングアプリでのメッセージや初デート後の脈あり脈なしの見分け方や、脈なしに逆転しないための対処法などについて解説します。

マッチングアプリの脈あり脈なし男女をメッセージで見分ける方法

マッチングアプリのメッセージ交換では、男性女性ともに興味がある相手には質問をしてきます。

なので、メッセージを送っても相手がただ質問に答えるだけという状態なら、まだそれほど興味がないと言えます。

中にはコミュ症で質問してこないという人もいますが、たいていは相手のことをもっと知りたくなっていろいろ聞いてくるようになります。

もちろん、返信が完全に途絶えるまでは脈なしではないので、メッセージ交換が続くうちはチャンスはあります。

また、自分のことをいろいろ話してくるようになった場合も脈ありで、気に入った相手には自分のことをもっと知ってもらいたいと思うからです。

また、返信間隔も脈ありの相手なら、だんだんと短くなっていきます。

やりとりを始めた段階では、他の相手ともやり取りしていることが多いので、返信に時間がかかったりしますが、興味を持つと返信頻度も上がってきます。

すぐに返信が返ってくるようになったら、脈ありとみていいです。

ちなみに、サイト内のメッセージ交換からLINE(ライン)交換へと発展する場合も脈ありです。

脈あり脈なし男性の見分け方

男性の場合、女性とは違って、好きになるのに時間はかからないので、脈ありの男性の場合、マッチングアプリでは、直接好きのメッセージを送ってきたり、好きだと分かる言い回しをしてくることが多いです。

逆に脈なしの男性の場合、メッセージの返信内容が雑であることが多いです。

なので、メッセージ内容を見て、好きなのかどうかはっきり分からない男性の場合、脈なしの可能性が高いです。

脈あり脈なし女性の見分け方

女性の場合、マッチングアプリで知り合った男性と会うことに不安を感じている人が多く、初デートに誘っても、簡単にはOKの返事がしづらいです。

なので初デートに誘ってもなかなかOKの返事をもらえないからといって、女性が脈ありか脈なしかの判断をするのは早計です。

返信が途絶えるまでは脈なしではないので、女性の気持ちが固まるまで、あせらずじっくりメッセージ交換を続けていくことが大事です。

ちなみに、マッチング後、初デートまでの期間は2週間という人が最も多く、1週間メッセージ交換をして、お互い自己開示が一通り済んでからデートに誘うと成功率は上がります。

マッチングアプリの脈あり脈なしを初デートで見分ける方法

マッチングアプリの初デートで実際会う時も、男性女性ともに相手が質問してくるかどうかによって脈ありか脈なしか見分けることができます。

こちらが話をしても、質問に答えるだけだったり、スマホをいじっているようなら、脈なしの可能性が高いです。

脈ありの場合、相手に興味や関心があるので、初対面同士でぎこちなくても、頑張って会話しようとしてくるからです。

初デート後に脈ありから脈なしに逆転する原因

マッチングアプリで会う約束ができるのは、男性女性ともに脈ありだからですが、初デート後に脈ありから脈なしに逆転してしまうのは、イメージとのとギャップが原因です。

それまでメッセージ交換で盛り上がっていても、実際の会話にギャップがあったり、写真と実物にギャップがあると、相手は騙された気持ちになり、一気にテンションが下がって脈なしに逆転します。

初デート後に脈なしに逆転しないための対処法

マッチングアプリの初デート後に脈なしに逆転しないようにするには、男性女性ともにギャップを埋めておくといいです。

マッチングアプリの顔写真に写真加工アプリで盛った写真を使う人は多いですが、ギャップがありすぎると、マッチングやデートはできても付き合うことはできません。

写真と実物にギャップのある人は、会う前に実物に近い写真を交換しておくか、プロフィールの写真を見直した方がいいですね。

また、メッセージ交換と実際の会話に大きなギャップのある人は、会話が合うのかどうか、デートする前に電話して確認しておいた方がお互いのためです。

ちなみに、会話が得意かどうかはあまり重要ではないです。

会話が苦手でも、フィーリングが合えばうまくいくからです。

電話で会話がそんなに盛り上がってないのに、会ってみたいと言われたら脈ありで、デート当日に相手をガッガリさせる心配もなくなりますよ。

初デート後の連絡で脈あり脈なしを見分ける方法

マッチングアプリの初デート後の連絡(LINEやメッセージ)で、2回目目のデートの約束ができれば脈ありです。

「まだ予定が分からない」「予定が合えば」などというあいまいな返信の場合は、まだ相手の気持ちが固まっていないので、もう少しやり取りを続けていく必要があります。

完全に脈なしの場合、はっきりお断りされるか、ブロックまたはフェードアウトしてくるので、返信が一応続くようなら、あきらめる必要はないです。

ただ、しつこくLINE(ライン)を送ると、それが原因で完全に脈なしになることがあるので、相手の連絡頻度に合わせて返信していった方がいいですね。

ちなみに、3回目のデートの約束ができる場合は、完全に脈ありの可能性が高く、告白すると成功しやすいです。

初デート後に連絡がない!音信不通になる場合は脈なし

マッチングアプリの初デート後に連絡がない、音信不通になる場合は、スマホの充電が切れた可能性もわずかに残っていますが、たいていは脈なしでフェードアウトしようとしている場合が多いです。

メッセージを送っても返信がないようならあきらめた方がいいですね。

初デート後、脈なしの相手への断り方

マッチングアプリでは付き合う相手が決まるまで、たくさんの相手と出会うことになるため、お断りする場面も出てきます。

何か違うと思ったら、先送りせず、早めにキッパリ伝えるのが相手への思いやりでもあります。

その際は相手の見た目や印象、性格を否定するのではなく、考え方(価値観や恋愛観、結婚観)の違いを理由にして断ると、相手を傷つけずに断れます。

脈なし?初デート後にまだマッチングアプリをやってる場合

初デート後に相手がまだマッチングアプリをやってる場合、脈なしです。

相手がサイトにログインしているかどうかは、退会後、再登録すれば見ることができます。

お互いLINE(ライン)交換しているのなら、もうサイト内でのやり取りは必要ないので、気になる場合、思い切ってチェックしてみるといいですね。

違うニックネームでプロフィールを空欄にしておけば、相手に気付かれる心配はないです。

特に、付き合うことになる場合は、いっしょに退会してしまった方が浮気のリスクを減らせます。

マッチングアプリの脈あり脈なしまとめ

マッチングアプリでメッセージ交換が続いて会うことができるのは脈ありだからですが、初デート後に脈なしに逆転するのは相手のイメージとのギャップが原因です。

ギャップを減らした上で会うようにすれば、脈なしにならずに済みますよ。

タイトルとURLをコピーしました