婚活サイト/マッチングアプリ・婚活パーティー/イベント・街コン・合コン・結婚相談所などの出会いまとめ

婚活恋活部

60代シニア熟年向けマッチングアプリ/婚活サイトおすすめ8選【2020最新】

更新日:

60代のシニアや熟年で婚活や再婚活、パートナー探しをする場合、同年代の多いマッチングアプリの方がマッチングしやすく出会いやすいです。

そこで、60代のシニアや熟年の多いおすすめのマッチングアプリと選び方などについて解説します。

60代シニア熟年向けマッチングアプリ/婚活サイトの選び方

マッチングアプリの種類には、

  • 恋活アプリ・・・20代の恋人探し向き
  • 恋活婚活アプリ・・・恋活にも婚活にも使える
  • 婚活サイト/アプリ・・・結婚相手探し向き
  • 出会い系アプリ・・・既婚者OK、業者、サクラだらけ

の4種類があり、国内大手の恋活や婚活アプリであれば、監視体制や通報制度が整っているため、初めての人でも安全に使うことができます。

婚活サイト/アプリは1~2年以内に結婚したい人が集まっているため、早めに結婚や再婚したい人に向いています。

恋活婚活アプリは恋人探し(パートナー探し)と婚活目的の両方に使えるため、会員数が多いのが特徴です。

なお、出会い系アプリは、昔からあるため、60代のシニア熟年層にとって知名度が高いんですが、今は既婚者とそれを狙った業者やサクラだらけになっていて、トラブルに巻き込まれやすいので、間違えて使わないよう注意が必要です。

出会い系アプリの見分け方ですが、既婚者も登録でき、男性料金が定額制ではなく、メッセージ1通ごとに料金のかかるポイント制になっていることが多いです。

次に、国内大手の人気マッチングアプリと婚活サイトの会員数と50代60代以上のシニア熟年の年齢層比較一覧です。

ブライダルネットは累計会員数非公開のため、現在の会員数を表示しています。

会員数順 累計会員数 50代60代以上 目的
ペアーズ(Pairs) 1000万人以上 6% 恋活/婚活
タップル誕生 400万人以上 1% 恋活
Omiai 400万人以上 3% 恋活/婚活
マッチドットコム 250万人以上 14% 恋活/婚活
ユーブライド 180万人以上 13% 婚活
ゼクシィ縁結び 100万人以上 2% 婚活
with 100万人以上 3% 恋活/婚活
イヴイヴ 100万人以上 3% 恋活
ポイボーイ 100万人以上 0% 恋活
パートナーズ 72万人以上 40% 婚活
マリッシュ 50万人以上 15% 婚活/再婚活
クロスミー 50万人以上 5% 恋活
ブライダルネット 31万人 3% 婚活
エキサイト婚活 27万人以上 31% 婚活
e-お見合い 15万人以上 43% 婚活
Dine 10万人以上 2% 恋活/婚活

50代60代以上のシニア熟年の割合が多いのは、マッチドットコム(Match.com)ユーブライド(youbride)パートナーズマリッシュ(marrish)エキサイト婚活e-お見合いです。

また、ペアーズ(Pairs)Omiaiは割合は少なく見えますが、会員数自体が多いので50代60代以上のシニア熟年層の会員数も多いです。

女性の場合はほとんどのアプリが無料で使えるので、50代60代のシニア熟年層の多い無料で使えるアプリはできるだけ掛け持ちしておいたその分たくさんいいねをもらえ、希望条件に合った相手を選びやすくなります。

男性の場合は、自分に向いたアプリの方が出会いやすいので、50代60代のシニア熟年層の多いアプリをまず無料会員として使い比べてみて、一番マッチングできたアプリをメインに使うと出会いを増やせます。

60代シニア熟年向けマッチングアプリおすすめ8選!

50代60代以上のシニア熟年層が特に多い国内大手の安全なおすすめマッチングアプリについて特徴を解説します。

ちなみに、WEBブラウザ版公式サイトというのは通常の公式サイトのことで、スマホ画面に対応しているので、スマホでもパソコンでも使えます。

アプリ版公式サイトというのはスマホ専用の公式サイトで、アプリをダウンロード(インストール)すると使えます。

ペアーズ(恋活婚活アプリ)

  ペアーズ(Pairs)
会員数 累計1000万人以上
年齢層 20代まで54% 30代28% 40代12% 50代60代以上6%
男女比 6対4
料金 男性4100円/月額~ 女性無料
運営会社 株式会社エウレカ
口コミ評判 → ペアーズ(Pairs)の口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

ペアーズ(Pairs)は国内最大手のマッチングアプリで、他のアプリと比べて50代60代以上のシニア熟年層の会員数が最も多いため、地方や田舎でも婚活やパートナー探しができます。

趣味や興味の集まりであるコミュニティが10万種類以上もあり、コミュニティに入っておくと、同じ趣味を通して話の合う相手が見つかります。

マッチドットコム(恋活婚活アプリ)

  マッチドットコム(Match.com)
会員数 累計250万人以上
年齢層 20代まで19% 30代33% 40代34% 50代60代以上14%
男女比 55対45
料金 男性女性共通 3490円/月額~ 半額/無料あり
運営会社 マッチ・ドットコムジャパン株式会社
口コミ評判 → マッチドットコム(Match.com)の口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

マッチドットコム(Match.com)は50代60代以上のシニア熟年層が多いため、同年代の結婚相手やパートナー探しに向いています。

マッチングなしに最初からメッセージ交換できるシステムのため、他のアプリでなかなかマッチングしないという人でも出会いやすいです。

また、無料会員登録後、数日程度有料会員に登録しないでいると、マッチドットコム(Match.com)から半額クーポン付のメールが月に4~6回届きます。

そのメールにある「無料で登録する」というボタンから有料会員になれば半額で利用できます。

全プラン半額になり、しかもオプションまで半額になり、無料会員ともメッセージ交換ができるオプション(半額で1050円/月額~)を付けると無双できます。

逆に、相手がオプション付き有料会員の場合、無料会員のままでもメッセージ交換できるため、特に女性は無料会員のままでも出会えます。

ユーブライド(婚活アプリ)

  ユーブライド(youbride)
会員数 累計180万人以上
年齢層 20代まで25% 30代35% 40代27% 50代60代以上13%
男女比 58対42
料金 男性女性共通 4300円/月額~ 無料あり
運営会社 株式会社Diverse
口コミ評判 → ユーブライドの口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

ユーブライド(youbride)は国内最大手の婚活アプリで、50代60代以上のシニア熟年層も多く、結婚や再婚相手を探したい人に向いています。

任意ですが、各種証明書(年収証明、独身証明など)も提出できるので、提出済みの会員とだけマッチングしていくことも可能です。

また、自分の年齢や条件を希望している相手だけを検索することもできるため、年上好きの相手探しもしやすいです。

男性女性ともに有料ですが、無料会員は有料会員とならメッセージ交換できるため、完全無料でも出会えます。

Omiai(恋活婚活アプリ)

  Omiai
会員数 累計400万人以上
年齢層 20代まで51% 30代36% 40代10% 50代60代以上3%
男女比 6対4
料金 男性3980円/月額~ 女性無料
運営会社 株式会社ネットマーケティング
口コミ評判 → Omiaiの口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

Omiaiは会員数自体が多いため、50代60代以上のシニア熟年層の会員数も多く、同年代や年下のパートナー探しに向いています。

また、女性は平等にいいねがもらえるシステムのため、登録しておくだけでたくさんの男性からいいねがきます。

逆に男性は女性のいいね格差が少ないため、人気会員の女性ともマッチングしやすくなっています。

マリッシュ(婚活/再婚活アプリ)

  マリッシュ
会員数 累計50万人以上
年齢層 20代まで18% 30代32% 40代35% 50代60代以上15%
男女比 55対45
料金 男性3400円/月額~ 女性無料
運営会社 株式会社マリッシュ
口コミ評判 → マリッシュの口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

マリッシュ(marrish)は、国内で最も再婚活している人の多いマッチングアプリで、50代60代以上のシニア熟年層も多く、年齢や離婚歴を気にせず再婚活ができます。

バツイチや子持ちの理解者であれば年の差婚も狙えます。

パートナーズ(婚活サイト)

  パートナーズ
会員数 累計72万人以上
年齢層 20代まで10% 30代20% 40代30% 50代60代以上40%
男女比 48対52
料金 男性2980円/月額~ 無料あり 女性無料
運営会社 株式会社パートナーズ
口コミ評判 → パートナーズの口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

パートナーズは運営実績10年以上の老舗の婚活サイトで、50代60代以上のシニア熟年層が特に多いのが特徴です。

自分の年齢や条件を希望している相手を検索できるため、年上好きの相手を効率的に探せます。

また、マッチングなしに最初からメッセージ交換ができるため、丁寧なメッセージさえ送れば返信は返ってきます。

なお、パートナーズは男性も招待コードを入力すれば、10日間無料で使えるため、完全無料のまま出会うことができます。

無料招待コード

F9B5XI (読み方 ケイキュウビーゴエックスアイ)

この招待コードは、無料会員登録後、各種設定にある「紹介コード入力」から入力できます。

ただし、招待コードを入力する前に、先に本人証明をしてしまうと入力できなくなるので、招待コードを入力してから免許証などの本人証明書を提出する必要があります。

エキサイト婚活(婚活サイト)

  エキサイト婚活
会員数 累計27万人以上
年齢層 20代まで6% 30代20% 40代43% 50代60代以上31%
男女比 46対54
料金 男性女性共通 3500円/月額~
運営会社 エキサイト株式会社
口コミ評判 → エキサイト婚活の口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

エキサイト婚活は、50代60代以上のシニア熟年層が厚い婚活サイトで、同年代の結婚相手探しに向いています。

プロフィールの入力項目は80項目以上と結婚相談所並みに多く、日記機能(Days)もあるため、相手のことが事前にくわしく分かります。

また、マッチングなしに最初からメッセージ交換ができ、男性女性ともに有料なので、積極的に活動している会員が多く、返信率は高いです。

e-お見合い(婚活サイト)

  e-お見合い
会員数 累計15万人以上
年齢層 20代まで7% 30代14% 40代36% 50代60代以上43%
男女比 6対4
料金 男性から申し込み3000円/回 女性から申し込み2000円/回(お見合いの申し込みをした方が相手がOKした場合のみ支払うため、女性は実質無料)
運営会社 株式会社結婚情報センター(ノッツェ)
口コミ評判 → e-お見合いの口コミ評判!使ってみた評価をレビュー
公式サイト

e-お見合いは結婚相談所大手のノッツエが運営する婚活サイトで、50代60代以上のシニア熟年層が最も多く、同年代の結婚相手探しに向いています。

マッチング後、ノッツェの支店でお見合いするため、結婚相談所と同じように女性も安心してお見合いができます。

ノッツェの結婚相談所の会員も登録しているため、結婚相談所の正会員とだけお見合いしていくことも可能です。

料金はお見合いを申し込んだ方が相手がOKした場合のみ支払うシステムのため、完全無料のまま利用している女性がほとんどです。す。

マッチングアプリの60代シニア熟年Q&A

マッチングアプリの60代シニア熟年層のよくある疑問について解説します。

60代シニア熟年層向けアプリでの出会い方

マッチングアプリで初めて会うまでの流れですが、

  1. プロフィールを作成する
  2. 検索で相手を探す
  3. 気になった相手にいいねを送る
  4. 相手がOKしたらマッチング成立
  5. アプリ内でメッセージ交換
  6. 仲良くなったら会う約束をしてデート

となっています。

会うまでの平均期間は約2週間で、マッチング後、1週間やりとりしてから会う約束をし、次のお互いの休みの日に会うという人が多いんですが、個人差があるので、60代のシニア熟年層の人は自分のペースでOKです。

ちなみに付き合う相手と出会うまでの期間ですが、平均が3~4カ月で、付き合う相手が決まるまでに平均で6~7人と会っている人が多いんですが、これも個人差があって、始めて1ヵ月で相手が決まる人も多いです。

なお、プロフィールの作成ですが、どのアプリも例文が何パターンかついているので、初めて作成する時は参考にすれば簡単に作れます。

写真は掲載した方がいいねがたくさんきますが、写真なしでもマッチングできるので、写真掲載したくない場合、あとから個人的に交換や会うまで写真交換なしでも大丈夫です。

60代シニア熟年の再婚事情

今、60代のシニア熟年層で再婚活する人が増えていて、マッチングアプリや婚活サイトの50代60代以上の会員数も急増しています。

これは、好きな人と穏やかな老後を過ごしたいと考えるシニア熟年層が増えたためと言われています。(女性は同時に経済力も求めています。)

また、マッチングアプリや婚活サイトなどの気軽に利用できる婚活サービスが増え、再婚活しやすい環境が整っていることも背景にあります。

60代シニア熟年の婚活では条件よりもフィーリングが重要!

60代のシニア熟年層が婚活では、絶対にゆずれない条件だけは決めておき、話が合うなどのフィーリングを重視して相手探しをした方が成功しやすいです。

これは、最終的にお互い居心地の良い相手が老後を一緒に過ごす相手として選ばれるからです。

マッチングアプリや婚活サイトには同年代の相手候補がたくさんいるので、まずは異性の茶飲み友達を増やし、その中から相性のよい相手をじっくりと見つけていくのがコツです。

60代シニア熟年の女性はセレブ婚よりも高年収男性がおすすめ!

60代のシニア熟年層の女性の中には、年収1000万以上などセレブ婚を狙っている女性も割といます。

マッチングアプリや婚活サイトなら、会員数が多い分、ハイステータスな男性も多く、セレブ妻になることは可能です。

ただ、ライバルも増えるので、成功率は低いです。

それよりも、同年代の男性には年齢的に年収600万~800万以上の高年収の男性も多いので、プチセレブ妻を目指した方がよっぽど成功率は高く、おすすめです。

婚活サイトと婚活パーティーどっちがいい?

婚活パーティーや婚活バスツアーなどのイベントは、相手の雰囲気を知った上でマッチングしたい人に向いています。

ただ、一度に会える人数が10人前後と少ないので、たくさんの相手から選びたい人はマッチングアプリや婚活サイトの方が向いています。

婚活サイトと結婚相談所どっちがいい?

結婚相談所はカウンセラーの相談でき、後押しもあるので、一人ではなかなか婚活がうまくいかない人に向いています。

ただ、料金が高いので、最初はマッチングアプリや婚活サイトを利用してみてから考えた方がいいですね。

70代シニアでも婚活できる?

マッチングアプリや婚活サイトは70代以上のシニアや高齢者の会員も増えてきているので、どの年代の人でも婚活やパートナー探しができます。

50代60代の多いアプリには70代も多く、恋愛や結婚に年齢は関係ないです。

マッチングアプリの60代シニア熟年まとめ

60代やシニア熟年層の同年代の多いマッチングアプリや婚活サイトを使えば、50代60代以上の会員数は急増中のため、いくらでも婚活やパートナー探しができます。

老後を一緒に過ごせる居心地の良い相手を探している人が多いので、話の合う相手をじっくり探してみて下さい。

婚活恋活出会いの場の選び方と出会うコツ【2019年最新版】

年齢別!婚活恋活出会いの場の選び方【2020年最新版】

婚活恋活の出会いの場はたくさんありますが、同年代が多いほど出会えます。

そこで、年齢別におすすめの出会いの場をまとめておきます。

大学生や10代の多い出会いの場

→ 大学生や10代におすすめのマッチングアプリ/婚活サイト

→ 大学生や10代の多い恋活婚活パーティー

→ 大学生や10代の多い街コン/合コン

20代の多い出会いの場

→ 20代前半後半別おすすめの婚活サイト/マッチングアプリ

→ 20代の多い婚活パーティー/バスツアー

→ 20代の多い街コン/合コン

→ 20代の多い結婚相談所

30代の多い出会いの場

→ 30代やアラサーにおすすめの婚活サイト/マッチングアプリ

→ 30代の多い婚活パーティー/バスツアー

→ 30代の多い街コン/合コン

→ 30代の多い結婚相談所

40代の多い出会いの場

→ 40代やアラフォーにおすすめのマッチングアプリ/婚活サイト

→ 40代の多い婚活パーティー/バスツアー

→ 40代の多い街コン/合コン

→ 40代の多い結婚相談所

50代の多い出会いの場

→ 50代やアラフィフにおすすめのマッチングアプリ/婚活サイト

→ 50代の多い婚活パーティー/バスツアー

→ 50代の多い街コン/合コン

→ 50代の多い結婚相談所

60代の多い出会いの場

→ 60代シニア熟年向けおすすめマッチングアプリ/婚活サイト

→ 60代の多い婚活パーティー/街コン/合コン

→ 60代の多い結婚相談所

-60代シニア熟年婚活

Copyright© 婚活恋活部 , 2020 AllRights Reserved.